Web面接Web面接を始める・準備

【採用側】Web面接の始め方は?事前準備から当日の流れまでを解説

Web面接 始め方

多くの企業がWeb面接を採用活動に使っています。Web面接の導入を検討している採用担当者も多いでしょう。
そこで今回は、Web面接を導入する段取りや準備の手順、面接当日の流れまでを具体的に解説しました。あわせて、おすすめの面接ツールも紹介します。

<無料eBook>1分で解説!Callingの活用法<Web面接編>

昨今の世情からWeb面接を取り入れている企業が増えています。そこでこの資料では、「Calling Meeting」を使った、Web面接の準備からWeb面接当日に使える機能、トラブル時の対応方法まで紹介します。

本資料でわかること
  • Calling Meetingのサービス内容
  • Web面接に必要な機能
  • Calling Meeting料金体系
  • Web面接でのトラブル対応

これらの内容をまとめた資料となっています。Web面接の実施をご検討の方は、まずはこの資料からご覧ください。

Web面接を導入する手順

新型コロナウィルスの影響もあり、Web面接を導入する企業は今後ますます増えていくことが予想されます。
まずは、採用活動にWeb面接を導入して実施するための大まかな手順を理解しておきましょう。基本的には従来の対面での面接と同じなので、一部Web面接に特有のステップがある、とイメージしておけば大丈夫です。

Web面接を導入する手順は、以下のような流れとなります。

  1. 経営層や採用担当部門が採用に関する課題を洗い出しと明確化
  2. 社内におけるWeb面接導入のコンセンサス作りと導入決定
  3. 使用するWeb面接ツールの検討と決定
  4. 採用部門と関連する部門(社内システム部門や求人部門、総務部門など)との調整、役割分担の決定
  5. Web面接ツールの調達、導入、社内テスト

③に関しては、無料ツールの使用も可能ですが、有料の専門Web面接ツールの方がセキュリティ面、機能面で有利です。
⑤については、ネットワーク環境も含めて入念におこないましょう。

また、実際のWeb面接の流れは以下の通りです。

  1. 書類選考通過後のWeb面接利用を求人票で告知
  2. 書類選考を通過した応募者にWeb面接ツールの使用方法を案内、事前テスト実施を依頼
  3. Web面接の実施日時を応募者、社内関係者と調整、確定
  4. 面接場所の確保
  5. 使用機材とネットワーク環境の準備、事前確認(PCやスマートフォンのほか、Webカメラやマイク、照明設備、Wi-Fi設備、電源設備など)
  6. Web面接を実施
  7. 録画を社内関係者とも共有して合否を協議、決定
  8. 応募者にWeb面接参加のお礼と合否を通知

①に関しては、ITリテラシーのレベルが極端に低い層のエントリーをあらかじめ防ぐ目的があります。
③では、緊急時に連絡がつく電話番号などもあらかじめ伝えておきましょう。
④については、ネットワーク環境やプライバシー保護を考慮して、社内の会議室や応接室、社外の貸し会議室などを予約することをおすすめします。
⑥については、応募者1人につき2〜3回の面接を実施する企業が多いようです。

以上が、Web面接の導入から実施までの大まかな流れです。

Web面接の前におこなう準備

Web面接の前におこなう準備

Web面接の実施の際には、段取りと準備が非常に重要といえます。使用するネットワークの安定性やハードウェアの性能、参加者のITリテラシーなど、対面面接の際には存在しなかった要素が加わってくるからです。
Web面接を成功させるためにも、徹底した事前準備と確認をおこないましょう。

ここでは、Web面接の前におこなう準備を紹介します。

1. 使用するハードウェア、ソフトウェア、資料の確保

使用予定のPCやスマートフォン、Webカメラ、マイク、イヤホン、照明などをWeb面接を実施する同日の同時刻に確実に確保できるように手配します。実際にネットワークに接続して、ハードウェアとソフトウェアの動作確認や、操作要領の確認をおこなっておくことも必要不可欠です。

また、使用するWeb面接ツールによっては、事前に面接関係者のアカウント登録や、PCやスマートフォンへのアプリケーション導入が必要となることもあります。必ず確認しておきましょう。
また、面接参加者が応募者のデータ(エントリーシートや履歴書、職務経歴書など)を参照できるよう、準備しておくこともおすすめします。

Web面接にありがちな盲点として、応募者に見せる会社紹介などのスライド資料の準備を失念しやすい、というものがあります。この辺りは従来の対面面接と同じ感覚です。なお、Web面接を導入する際は、社内関係者でロールプレイングをしておくことをおすすめします。

2.適切な面接場所の確保

Web面接を成功させるためには、適切な場所が確保されていることも必須です。Web面接は、良好な画面環境を確保できる場所で実施してください。結論としては、安定したネットワーク環境や電源が確保可能な前提で、社内の会議室や応接室、社外の貸し会議室などの利用がおすすめです。

面接官の周囲には、関係のない社員や作業員、来客などが映り込まない環境が望ましいです。したがって、社内のロビーやカフェコーナー、オフィス一角のミーティングスペースなどは、Web面接実施の場としては不適切かもしれません。

社内機密に関わる記入があるホワイトボードや、応募者に開示すべきでない資料などが見えてしまう懸念がある場所も、避けるべきです。Webカメラが実際に写す範囲を事前に確認しておくこともおすすめします。

採用面接では、応募者のプライバシーに関わる話題も出ます。ディスプレイに関係ない人間が映り込むと、集中力が途切れる可能性があるばかりか、自社の信用度にも悪影響です。

プライバシーへの配慮に欠けた企業文化なのではと疑念を抱かせると、信頼を失って選考辞退されることにもなりかねません。応募者が自然体で話せるような、プライバシーに配慮した環境を心掛けましょう。

3.適切な音声環境の確保

次に、音声環境についても押さえましょう。使用するマイクが、オフィスのざわめきを拾わない場所を確保します。面接とは無関係な社員同士の会話や電話の音声、来客との商談などが聞こえてしまうような場所も、Web面接の実施には不適当です。

雑音が入ると面接に集中できなくなりますし、社内機密や顧客情報、個人情報が漏洩するリスクにもなり得ます。偶然聞こえた断片的な会話の内容がネガティブに捉えられ、企業イメージが悪化することもあるのです。

また、Web面接中にPCでメモを取る人もいますが、タイピング音が応募者の耳に入ると、あたかも調書を取られているような不快感を覚えたり、気が散ってしまったりすることもあります。
細かい点ですが、一定の配慮が欲しいところです。Web面接に使用するマイクが実際にどの程度の音を拾うのか、あらかじめ検証しておくことをおすすめします。

4.使用するWebカメラの角度と距離の調整

Web面接を導入した当初では、なかなか気が回らないポイントかもしれません。
ここでは、ノートPCを例に挙げて紹介します。

通常業務で使用するときのようにテーブル上に直接ノートPCを置くと、どうしても面接官の視線は上から見下ろすようなかたちになります。応募者側から見ると、面接官から見下されているように感じるでしょう。
単なる角度の問題にもかかわらず、応募者が不必要に緊張したり、不快に感じたりすることもあり得ます。圧迫面接を受けているような心理状態も生じがちなのです。

余計な誤解を避けるためにも、面接官の目線がWebカメラの高さにくるよう調整しておくことをおすすめします。厚手のファイルや書類ボックスなどで底上げしてノートPCを設置すれば、目線はWebカメラとほぼ同じ高さにくるでしょう。
位置を動かせるタイプのカメラであれば、適切な距離になるよう調整しておくのもおすすめです。

なお、面接の最中は、面接官はディスプレイを見続けないよう注意してください。
Webカメラではなくディスプレイを見ると、応募者には面接官が自分と目を合わせてくれていないように映ります。少々の慣れが必要ですが、面接官はカメラを相手の目だと思って会話するとよいでしょう。

5.応募者のWeb面接を受ける環境作りをサポート

応募者のなかには、Web面接を受けることに慣れていない人もいるでしょう。あらかじめ求人票や募集要項などでWeb面接実施の旨を公表しておけば、ITリテラシーのレベルが極端に低い求職者は、応募に躊躇する可能性があります。
しかし、Web面接には慣れていないものの、実力のある魅力的な人材も存在します。しっかりとサポートをおこない、面接を成功させて採用に結び付けたいものです。

書類面接を通過した応募者には、Web面接ツールの使用法や必要な環境を説明し、必要なアドバイスが可能な体制を整えておきましょう。同時に、不測の事態で面接が中断した場合に備えて、必ず連絡がつく電話番号などを交換しておきます。採用担当者や社内システム担当者は、応募者が気軽に相談できる雰囲気を示すようにしましょう。

なお、Web面接に不慣れな応募者は、以下のようなことを心配するケースが多いようです。

  • スマートフォン使用でも構わないか(PCを持っていない、PCの性能が不十分)
  • 外部のフリーWi-Fiを利用してもよいか(自宅にインターネット環境がない)
  • カフェやホテルで面接を受けても大丈夫か
  • 適切な服装がわからない、など

よくあるトラブルへの対処法や、よくある質問に対するFAQは、あらかじめ応募者に通達しておくことをおすすめします。

Web面接当日の流れ

Web面接当日の流れ

Web面接当日の流れは概ね以下の通りで、基本的には対面面接の当日と同様の流れです。ただし、Web面接特有のステップもありますので、理解しておきましょう。

  1. Web面接を実施する場所に必要なハードウェア(PCやWebカメラ、イヤホン、照明など)を搬入し、設置する
  2. ネットワークに接続してハードウェアとソフトウェアの稼働を確認
  3. Webカメラやマイク、照明の調整
  4. 応募者の個人データ(エントリーシートや履歴書、職務経歴書など)や、応募者に参照してもらう企業案内などの資料を準備
  5. 応募者と社内関係者あてに、実施場所(社内のみ)、開始時刻、接続先URL、緊急連絡先、注意点などを記載した最終確認メールを送付
  6. 社内関係者は面接開始10分前には面接場所に入室、Web面接ツールにログインして待機
  7. Web面接実施(必要に応じて、Web面接ツールでやりとりを録画)
  8. 使用したハードウェアの撤収
  9. やりとりした録画を社内関係者と共有する
  10. 協議のうえ、合否を決定する

なお、Web面接は旧来の対面面接に比べて、反応が相手に伝わりづらい傾向にあります。当日は、意識的に頷いたり、笑顔を見せたりなどしてリアクションするようにしましょう。直接対面時よりもハッキリと、やや大袈裟気味にすると効果的です。
声のトーンは通常よりも少し高めにすると、相手に伝わりやすいようです。

加えて、Web面接実施当日の無断キャンセルや直前キャンセル、遅刻が発生した場合に備えて、自社の対応方針も固めておきましょう。

Web面接の流れについて、こちらの記事でも詳しく紹介をしています。

Web面接の流れを準備・当日・面接後に分けて詳しく紹介 | Calling[コーリング]
Web面接の流れを準備・当日・面接後に分けて詳しく紹介 | Calling[コーリング]
Web面接の導入を検討しているが、対面での面接よりも手間がかかるイメージがあり躊躇している企業もあるでしょう。しかし、W …
www.calling.fun

Web面接のおすすめツール5選

最後になりますが、Web面接におすすめの専用ツールを紹介しましょう。無料ツールでもWeb面接は実施可能ですが、個人情報の漏洩防止や録画機能を重視するのであれば、有料のWeb面接ツールを導入したほうが賢明です。コストはかかるものの、多くのメリットが得られます。

1. Calling

Calling
出典:https://www.calling.fun

Callingは、国産の実績あるWeb面接ツールで、行き届いたサポート体制が特徴です。シンプルかつ直感的な操作感で、アプリケーションの事前導入も要りません。URLをクリックするだけでWeb面接が可能なので、応募者のITリテラシーを気にせずに使用可能です。

人材派遣会社や地方自治体、サービス業やメーカーなど、さまざまな業種の企業が導入しています。画面共有、録音・録画、アンケートなどの機能も充実しています。
月額使用料は1IDあたり1,500円で固定されている点も魅力です。すべての機能を無制限でリーズナブルに使用できます。

Callingを無料で試してみる ➤

2. V-CUBE ミーティング

V-CUBEミーティング
出典:https://jp.vcube.com/service/meeting

大手企業を含む約5,000社で導入されており、Web面接ツールのベストセラーといえるでしょう。機能面でも相当充実しており、スマートフォンやタブレットからの使い勝手の良さも魅力です。個別のID管理が不要で、セキュリティ対策も充実しているため、社内情報システム部門からも高い評価を得られます。
アプリケーションの事前導入も不要で、ブラウザ環境のみでも使用可能です。

3. インタビューメーカー

インタビューメーカー
出典:https://interview-maker.jp/

導入企業は2,700社を超えており、各業界のリーディングカンパニーも目立ちます。サポート体制が充実しており、土日でも有人の電話対応がおこなわれることも特徴です。当初からWeb面接の機能に特化した専用ツールとして設計され、支持する採用担当者も多くなっています。

事前のアプリケーション導入が要らず、無料トライアルの制度が用意されていることも高評価の理由でしょう。

4. FACEHUB

FACEHUB
出典:https://www.face-peer.com/service/index.html

事前のアプリケーション導入や、アカウント登録は不要となっています。シンプルで直感的に使えるユーザインターフェイスで、かつURLを1クリックのみで面接に参加可能Web面接に不慣れな人にもおすすめのツールです。また銀行などの金融関連企業を含め、500社ほどへの導入実績があります。

セキュリティ対策に注力していることが評価されており、月額使用料は1ライセンス当たり1万円からの設定です。

5.harutaka

harutaka
出典:https://harutaka.jp/

固有の録画面接機能が装備され、クラウド上に応募者が都合の良い時間に撮影した面接動画を蓄積できます。また、独自開発のAI技術により、応募者の印象を定量的に可視化するため、客観的な採用が可能です。採用プロセスのデータ管理もおこなえるため、採用活動の効率化という面からもおすすめのWeb面接ツールといえます。

国内450社ほどに導入実績を有する専用のWeb面接ツールで、各業界のリーディングカンパニーでの採用が多いことも特徴です。

Web面接でおすすめのツールについて、こちらの記事でも詳しく紹介しています。

Web面接おすすめツール10選!価格や機能性など徹底比較 | Calling[コーリング]
Web面接おすすめツール10選!価格や機能性など徹底比較 | Calling[コーリング]
Web面接を実施するためには、専用のツールを導入する必要があります。ただ、多くのツールが開発されており価格や機能も異なる …
www.calling.fun

Web面接の始め方はシンプルに考えて正解

Web面接を導入する大まかな流れや事前準備すべきこと、面接当日の流れまで、具体的に説明しました。基本的には、従来の対面面接に加えて、Web面接特有の注意点があるということがわかったでしょう。
また、セキュリティ面や機能面を考慮すると、Web面接ツールは有料サービスの利用がおすすめです。ぜひ一度社内で活用を検討してください。

<無料eBook>Web会議システム「Calling Meeting」がよくわかるサービス説明資料

Web会議システムの運用に不安はありませんか。この資料では、Calling Meetingの特長や、充実の機能、万全のセキュリティ、活用方法などを紹介します。

本資料でわかること
  • サービスの内容
  • Calling Meetingでできること
  • セキュリティ
  • Calling Meetingの料金体系

すぐにつながる国産Web会議システムのCalling Meetinngでは、ビジネスコミュニケーションを支援するプロダクトを提供しています。Calling Meetingを知るには、まずはこの資料をご覧ください。