Web会議Web会議を始める

Web会議用背景の選び方3つのポイント&おすすめ画像サイト

Web会議用背景の選び方3つのポイント&おすすめ画像サイト

新型コロナウイルスの影響が残り続け、「withコロナ」という新しい生活様式が定着し始めている昨今において、仕事のやり方も従来とは大きく変化しています。

リモートワークや在宅での仕事が当たり前になってきているなかで、Web会議システムを用いたWeb会議をおこなう会社も増えてきました。

ただ、Web会議をおこなう際の背景画像にどのような画像を選べばよいのかと悩んでいる方も、少なからずいらっしゃるでしょう。

今回は、Web会議用背景を選ぶ際のポイント・注意点について説明すると同時に、おすすめ画像サイトをいくつか紹介したいと思います。

Web会議用背景画像の選び方3つのポイント、注意点

自宅でWeb会議をおこなう場合、家の様子が映り込んでしまわないように背景を設定することが多いですが、システム上で背景の設定をおこなう場合は、以下のような点がポイントおよび注意事項として挙げられます。

  • ビジネスの場に沿ったものにする
  • 背景の主張を強くしすぎないようにする
  • 服の色と背景の色を同じにしない

それぞれについて、説明します。

1. ビジネスの場に沿ったものにする

背景は、パソコンに保存されている画像やWeb会議ツールなどであらかじめ利用できるようになっている画像から、自由に設定できます。

ただ、あくまでもビジネスの場で利用するものなので、くだけ過ぎた雰囲気のものは好ましくありません。

風景画像やオフィスの一角を模したようなものなどが、Web会議用の背景としては模範的といえるでしょう。

2. 背景の主張を強くしすぎないようにする

会議をする際に他の人の様子を伺いながら話や説明をすると、それぞれの人が設定している背景が自然と目に入ってきます。

その際に背景の主張が強すぎると、そちらに意識を持っていかれて集中できなかったり会議が中断してしまったりする可能性があります。背景はあくまでも「自然」なものを選ぶことを心がけましょう。

ほかの人が設定している背景と自分の背景のテイストが違う場合、会議が始まる前の時間で急いで設定しなおしたほうがよいかもしれません。

3. 服の色と背景の色を同じにしない

自分が着ている服の色と背景の色が同じ場合、その部分が背景として認識されてしまい、顔や体の一部が透過してしまうようなことになります。

Web会議であってもスーツで参加と決まっているような場合は、シャツやスーツと同じような色がベースとなるような背景は避けたほうがよいでしょう。

Web会議が始まる前に自分の様子をカメラで確認してみて、透過せずに自然に映っているかを確認したうえで、Web会議に臨むようにすれば万全といえます。

Web会議用の背景画像を検索できるサイトがある

Web会議用の背景として風景画像がよいとはいっても、旅行や写真が好きな人でなければ、美しい写真や画像を自前で用意することは難しいでしょう。

オフィスの画像に関しても、わざわざ社内の様子を写真で撮って保管している人が多いとは思えません。

そのようなときに頼りになるのが、Web会議用の背景画像を検索できるサイトです。

上述したような風景画像やオフィスライクな画像を中心に、Web会議の背景として用いても問題ない画像がいくつも用意されているので、Web会議用の背景画像問題に悩まされている方はぜひ利用してみるとよいでしょう。

Web会議用背景のためのおすすめ画像サイト

Web会議用背景として利用できる画像を配布しているサイトは非常に多く存在するので、どのサイトを選ぶべきかという段階で迷ってしまうかもしれません。

以下で、Web会議用背景のためのおすすめ画像サイトを4つほど紹介します。

1. Pixabay

Pixabay
参考:Pixabay

Pixabayでは、無人の会議室の画像を中心に、Web会議で使いやすい背景画像が多数取り揃えられています。

会議室の画像がある画像サイトは多いですが、会議室の画像には人物が映りこんでいることが多く、無人の会議室の画像がある画像サイトはじつは意外と多くありません。

Pixabayの会議室の画像には企業ロゴなどが含まれていないのも、大きなポイントです。背景画像で会議の雰囲気を演出しつつ、緊張感を持って会議に参加できるでしょう。

2. マイクロソフト

壁紙|マイクロソフト
参考:壁紙|マイクロソフト

Office製品でも馴染みのあるマイクロソフト。仕事でWindowsのパソコンを使っているという方も多いのではないでしょうか。

Windowsパソコンには、標準として多くの壁紙が準備されています。なかなかお気に入りのものが見つからないという場合は、マイクロソフトのサイトから探してみると良いでしょう。

動物、イラスト、自動車、風景、植物など、ダイナミックな壁紙がたくさん提供されています。きっとお気に入りの壁紙が見つかるでしょう。

3. The Met Collection(メトロポリタン美術館)

 The Met Collection|メトロポリタン美術館
参考:The Met Collection|メトロポリタン美術館

メトロポリタン美術館では、「美術館」という名前のとおり、世界中の名作絵画の画像をダウンロードすることができます。

「Public Domain」と記載されているものだけがダウンロード対象ですが、その数は非常に多いので、自分が気に入って、かつWeb会議の背景としても用いやすい絵画が必ず見つかるはずです。

名作絵画を背景にすることで、会議に対する姿勢や仕事への臨み方も変わるかもしれません。

4. Afternoon Tea

afternoon-tea
参考:壁紙ダウンロード|Afternoon Tea

あまり知られていませんが、生活雑貨や飲食店を展開するAfternoon Teaも壁紙を提供しています。

鮮やかな色使いで、季節を感じる雑貨やスイーツなどの壁紙が用意されています。Web会議の背景として利用することで、カジュアルな雰囲気を作り出してくれることでしょう。

毎月4種類の壁紙が更新されるので、季節に合わせてWeb会議の背景を切り替えて楽しむこともできます。

Web会議用の背景に困ったら画像サイトを利用しよう

リモートワークや在宅での仕事が定着していけば、Web会議という会議のスタイルがこれまで以上に広まっていくことは間違いありません。

Web会議用の背景画像を自前で用意するのが難しい場合は、こちらでご紹介したサイトを中心に、ネット上で背景として設定できる画像を探すのがおすすめです。