Web会議Web会議でのトラブル解消

Web会議で音声や映像が遅延する原因と対処法を解説

Web会議の遅延対策

音声や映像の遅延は、Web会議で起こりがちなトラブルの一つです。遅延が頻繁に発生すると、Web会議がスムーズに進まないだけでなく、相手に迷惑をかけたり、悪印象を与えたりする可能性もあるため注意が必要です。

簡単にできる対策もあるため、遅延を解消して快適なWeb会議を実現しましょう。この記事では、Web会議で音声や映像が遅延する原因やその対策を解説します。遅延の解消にお悩みの人は、ぜひチェックしてください。

Web会議で音声や映像が遅延する3つの原因

Web会議の音声や映像のデータ量は、一般的なテキストメールなどと比較するとかなり大きいため、インターネット回線には大きな負荷がかかります。

Web会議において音声や映像が遅延する原因として、通信環境が整っていない、PCの性能が低い、導入しているWeb会議システムに問題がある、といったことが挙げられます。それぞれの原因について詳しくみていきましょう。

1. 通信環境が整っていない

通信環境が整っていない場合、音声や映像による負荷を処理しきれず、遅延が発生するケースがあります。

通信環境には、会社や自宅で契約しているインターネット回線の通信速度だけではなく、Wi-Fiルーターの性能やPCのLANポートの規格なども含まれます。遅延が頻繁に発生する場合は、通信に関連する機器の性能を確認してみましょう。

2. PCの性能が低い

Web会議に使用するPCの性能が低いことも、音声や映像が遅延する原因の一つです。PCの処理速度は、搭載されているCPUやメモリによって決まります。古いPCを使っていると、CPUやメモリの性能が低く、映像や音声の送受信を処理しきれない場合もあります。

通信環境が整っていたとしても、PCの性能が低いと遅延が発生しやすいので、Web会議システムごとに推奨される性能を満たした機器を準備することが大切です。

3. 導入しているWeb会議システムに問題がある

Web会議システム側の問題によって、遅延が発生するケースもあります。Web会議システム側も快適な通信を実現できるよう、さまざまな遅延対策をおこなっていますが、何らかのトラブルによって映像や音声が遅れる可能性もあります。

社内の通信環境や機器に問題がないのに頻繁に遅延が起こる場合は、Web会議システムのサポートセンターなどに問い合わせてみましょう。

Web会議システムについて、こちらの記事でも詳しく説明しています。

【2021年版】Web会議システムのおすすめ13種を目的別に紹介 | Calling[コーリング]
【2021年版】Web会議システムのおすすめ13種を目的別に紹介 | Calling[コーリング]
昨今はコロナ禍の影響もあり、さまざまな場面での徹底した感染症対策が必要な状況です。ビジネスシーンでいえば、会議や打ち合わ …
www.calling.fun

Web会議における音声や映像の遅延を防ぐための4つの対策

Web会議における音声や映像の遅延を防ぐための4つの対策

音声や映像の遅延を防ぐためには、Web会議に関係のないツールを閉じておく、映像の画質を下げるなどの対策が有効です。会議中に容量の大きなデータをやりとりしないことも重要です。
ここでは、4つの対策を紹介するのでチェックしておきましょう。

1. Web会議システム以外のツールを立ち上げない

Web会議に関係のないツールを閉じておくことは、音声や映像の遅延を防止する対策の一つです。複数のツールを立ち上げていると、PCの処理が遅くなったり、インターネット回線への負荷が大きくなったりする可能性があります。会議に集中することにもつながりますので、必要なツールだけを立ち上げるようにしましょう。

2. 映像の画質を下げる

映像の画質を下げることも、遅延を防止する有効な方法です。映像の画質がよくなるほどデータ量も大きくなり、PCやインターネット回線へ負荷がかかってしまいます。きれいな画質でWeb会議をおこなう必要がない場合は、低解像度モードに切り替えたり、カメラをオフにしたりするのがおすすめです。

3. 有料のWeb会議システムに変更する

無料のWeb会議システムでは、通信量や利用人数が制限されている場合もあります。少人数のWeb会議を数回おこなう程度であれば問題ありませんが、大規模なWeb会議を頻繁におこなう場合は、通信量が多くなりすぎて遅延が発生するケースもあります。無料のシステムで限界を感じる場合は、有料版の導入を検討するとよいでしょう。

4. Web会議中には資料を送らない

Web会議の資料などは事前に送付しておくのがおすすめです。会議中にデータ量が大きい資料を送ると、映像や音声の遅延につながる可能性もあります。資料を事前に送付しておけば、遅延防止だけではなく、会議のスムーズな進行にもつながります。

音声や映像の遅延を防止して快適なWeb会議を実現しよう

Web会議で音声や映像が遅延すると、打ち合わせがスムーズに進まないだけでなく、クライアントに迷惑をかけたり、悪印象を与えたりする可能性もあります。

社内の通信環境が整っていない場合や、PCの性能が低い場合は、遅延が発生しやすいため注意が必要です。会議に関係のないツールを閉じておく、映像の画質を下げるなど簡単にできる対策も多いため、ぜひ試してみてください。無料版を使っていてなかなか遅延が解消されない場合は、有料システムの導入を検討するとよいでしょう。

<無料ebook>Web会議でのトラブル対応完全ガイド

Web会議では、「映像が固まる」「音声が聞こえない」「ハウリングしてしまう」などのトラブルが起きることがあります。そこで本資料では、Web会議で発生しやすい「映像」「音声」「ネット回線」のトラブルが起きた際の対処法を紹介します。

このような経験のある方におすすめ
  • Web会議でトラブルが発生したことがある
  • トラブルが発生した際の解決方法がわからない
  • トラブル対応のまとまった資料がほしい
  • トラブルへの備え方がわからない

こちらはの資料はCalling Meetingに限らず汎用的に利用できる内容となっています。トラブルに備えるため、こちらの資料をぜひご覧ください。