Web会議Web会議でのトラブル解消

Web会議のエコーキャンセラーとは?機能やエコー防止のコツを解説

Web会議のエコーキャンセラー

エコーの発生は、Web会議で起こりがちなトラブルの一つです。
エコーが発生するとお互いに声が聞き取りづらくなり、会議に集中できなくなります。

相手に迷惑がかかったり、不快感を与えたりするケースもあるため、エコーが発生しないよう注意しなければなりません。

Web会議でのエコーを防ぐためには、エコーキャンセラーが役立ちます。
この記事では、エコーキャンセラーの機能や特徴、エコーを防止するコツなどを解説するので、Web会議をスムーズに進めたい人はぜひチェックしてください。

Web会議で役立つエコーキャンセラーとはエコーの発生を防止するシステム

エコーとは、音声が何重にも響いて聞こえる現象のことです。
エコーは、スピーカーから出た音をマイクが拾ってしまうことで発生します。

Web会議でエコーが発生すると会話がスムーズに進まず、お互いにストレスを感じてしまうでしょう。

エコーキャンセラーとは、エコーが発生するのを防止したり抑制したりするシステムのことです
エコーキャンセラーを使用すれば、スピーカーから出た音を相手に送り返すことが防げるため、エコーの発生を抑制できます。

エコーキャンセラー機能が搭載されたマイクスピーカーやWeb会議システムもあるため、うまく活用して快適なWeb会議を実現しましょう。

Web会議におけるエコーやハウリングの原因

Web会議でエコーやハウリングが起こる原因について、もう少し詳しく解説します。
原因を知っておくことで適切な対応ができるので、チェックしておきましょう。

エコーの原因:スピーカーから出た音をマイクが拾ってしまうこと

エコーが発生する大きな原因は、スピーカーから出た相手の声をマイクが拾い、送り返してしまうことです。
その結果、相手のスピーカーからは「やまびこ」のように相手自身の声が遅れて聞こえてきます。

逆に、自分の声が送り返されてきて、こちらのスピーカーから自分自身の声が遅れて聞こえるケースもあるでしょう。

1対1のWeb会議でヘッドセットなどを用いて会話をする場合は、音が漏れないため、エコーが発生する心配はほとんどありません。
ただ、2人以上のWeb会議でスピーカーを用いて話し合いをする場合は、エコー発生の可能性が高いため注意が必要です。

ハウリングの原因:スピーカーが特定の音を増幅してしまうこと

ハウリングとは、スピーカーやマイクなどを使用するときに「キーン」という高い音が出る現象です。
ハウリングもエコーと同様に、マイクによってスピーカーから出た音が再び拾ってしまうことで発生します。

特定の周波数の音が増幅されてしまい、大きな音が発生するのが特徴です。
エコーのように音が遅れて聞こえることはありませんが、不快な音であるためエコーキャンセラー機能を使って抑制することが大切です。

ハウリングについて、こちらの記事でも詳しく解説しています。

Web会議中に起きるハウリングの原因とその対処法を詳しく解説 | Calling[コーリング]
Web会議中に起きるハウリングの原因とその対処法を詳しく解説 | Calling[コーリング]
Web会議時によく起こるトラブルの一つとして、不快な音で互いの声を妨げるハウリングが挙げられます。マイクとスピーカーの位 …
www.calling.fun

Web会議でのエコーやハウリングを防止する3つのポイント

Web会議でのエコーやハウリングを防止する3つのポイント

Web会議でエコーやハウリングが発生するのを防止するためには、エコーキャンセラー機能が付いたマイクやスピーカーを選ぶ、PCのマイクをオフにしておく、音量を調整するといったポイントに注意しましょう。

以下、それぞれのポイントについて詳しく解説します。

1. エコーキャンセラー機能が付いたマイクを選ぶ

エコーキャンセラー機能が付いたマイクやスピーカーを準備することは、エコーやハウリングを防ぐための重要な対策です。

エコーキャンセラー機能が付いた格安スピーカーも発売されているため、Web会議をスムーズに進めるためにも、ぜひ導入しておきましょう。

2. PCのマイクをオフにしておく

Web会議の前に、PCのマイクがオフになっているか確認しておきましょう。
せっかくエコーキャンセラー機能付きのマイクやスピーカーを準備しても、PCのマイクが声を拾ってしまい、エコーが発生するケースもあります。

3. マイクやスピーカーの音量を調整する

マイクやスピーカーの音量を調整することも、エコーやハウリングを防ぐポイントの一つです。

音が大きすぎたり、マイクとスピーカーの位置が近すぎたりすると、エコーが発生しやすくなります。
スピーカーを壁際に置くと音が反射しやすいため、設置する位置にも注意が必要です。

設置が完了したら、Web会議が始まる前に、エコーが発生しないか、音量は適切か、チェックしておきましょう。

エコーキャンセラーを活用して快適なWeb会議を実現しよう

今回は、Web会議で役立つエコーキャンセラーの機能や、エコーやハウリングを防止するための対策について解説しました。
エコーが発生すると会話がスムーズに進まず、お互いにストレスを感じてしまいます。

社内会議をはじめ、クライアントが参加するWeb会議においてはとくに注意が必要です。
エコーキャンセラー機能が搭載されたマイクやスピーカー、Web会議システムなどを活用して、快適なWeb会議を実現しましょう。

<無料ebook>Web会議でのトラブル対応完全ガイド

Web会議では、「映像が固まる」「音声が聞こえない」「ハウリングしてしまう」などのトラブルが起きることがあります。そこで本資料では、Web会議で発生しやすい「映像」「音声」「ネット回線」のトラブルが起きた際の対処法を紹介します。

このような経験のある方におすすめ
  • Web会議でトラブルが発生したことがある
  • トラブルが発生した際の解決方法がわからない
  • トラブル対応のまとまった資料がほしい
  • トラブルへの備え方がわからない

こちらはの資料はCalling Meetingに限らず汎用的に利用できる内容となっています。トラブルに備えるため、こちらの資料をぜひご覧ください。