Web会議Web会議でのトラブル解消

Web会議中に起きるハウリングの原因とその対処法を詳しく解説

Web会議中に起きるハウリングの原因とその対処法を詳しく解説

Web会議時によく起こるトラブルの一つとして、不快な音で互いの声を妨げるハウリングが挙げられます。マイクとスピーカーの位置が近かったり、端末や環境に問題があったりする場合に発生するのですが、Web会議をスムーズに進めるためには防ぎたいものです。

本記事ではWeb会議時のハウリングの原因や対策と、そのほかの音声トラブルや各種対処法を紹介します。

Web会議中にハウリングが発生する3つの原因

ハウリングとは、マイクがスピーカーの音を拾ってしまうことで不快音が発生する現象を指します。通常は音声のみを拾うはずのマイクがスピーカーにも反応し、双方で音がループすることによって一定の音量を超えてしまい、耳をつんざくような高音や低音が発せられるのです。

では具体的に、どのような状況だとハウリングが起こりやすいのか、以下において詳しく解説していきます。

1. マイクとスピーカーが近い

ハウリングは、スピーカーの音をマイクが拾ってしまうことが原因で起きる現象です。そのためマイクとスピーカーが近すぎると、必然的にハウリングが発生しやすくなります。実際にハウリングが生じた際には、まずはそれぞれの設置場所を見直してみると良いでしょう。

同時に確認しておきたいのが、スピーカーの音量です。スピーカーの音が大きすぎると、それをマイクが拾ってしまうので、ハウリングにつながりやすくなります。

2. 複数端末を利用している

たとえば1つの会議室に何名かが集まった状態で、他拠点と接続してWeb会議をおこなうケースも少なくないでしょう。その際に1つの端末を使用するのではなく、1人1台ずつで各々が端末内蔵のマイクやスピーカーを使ってしまうと、それぞれが互いの音声を拾い合ってハウリングが発生してしまいます。

前述の内容と同じように、狭い空間で複数の端末が作動することによって、マイクがスピーカーの音を拾いやすい条件が自然とそろってしまうのです。

3. 部屋の壁に反響している

Web会議に使いたい部屋の壁の材質や大きさによっては、スピーカーの音が反響してしまい、ハウリングが発生しやすくなってしまいます。結局のところ「スピーカーの音をマイクが拾う」という原理は同じなので、Web会議をする場合にはそれぞれの利用環境には十分な注意が必要です。

なるべく声が響きやすい場所や、狭すぎる閉塞的な空間などは避けたほうが、ハウリングは生じにくくなります。

Web会議中にはほかにもさまざまな音声トラブルがつきもの

Web会議中にはほかにもさまざまな音声トラブルがつきもの

Web会議は利便性が高い一方で、通信上のトラブルが発生しやすい一面もあります。ハウリング以外にもいくつか気をつけておくべき点はあるので、以下に具体例をあげていきます。

音声が途切れる

Web会議のデメリットの1つは、ネットワークに左右されやすいことです。通信が安定していないと、音声が途切れる・画面が止まってしまう、などの障害が起きてしまいます。スムーズなコミュニケーションの妨げとなり、話題がストップしてしまったり重要な情報が伝達できていなかったり、大事な会議を滞ってしまう事態も少なくありません。

また音声が途切れてしまうと、本当に伝えたかった内容が上手く届かず、相手に誤った認識をさせてしまう、といったトラブルになる可能性もあります。Web会議の際には、利用環境についてもきちんと整えておくべきでしょう。

雑音が入ってしまう

Web会議の際に意外とストレスになるのが、音声とは関係ない周囲の雑音です。たとえば外を走る車の音・工事や工場の稼働音・在宅の場合なら生活音など、性能の低いマイクだと声以外の外部音を拾ってしまうこともあります。自分では気にならなくても、相手にとっては話に集中できないノイズとなってしまうのです。

そのほかにも、マイクのそばに空調・プロジェクター・複合機といった機器があると、それぞれの作動する音も拾ってしまう場合があります。Web会議時には、できるだけ余計な音が入らない工夫が欠かせません。

自分の声が届いていない

Web会議を始めようとした際に起こりがちなのが、相手の声は聞こえているのに自分の音声が届いていないケースです。この場合の原因としては、端末やマイクの設定ミスです。音声がミュートになっている・使用したいマイクと端末が連携されていない、といったケースが考えられるので、各種設定はきちんと事前に確認しておくのがベストです。

また、設定に問題がない場合には、マイクと端末との接触が悪い可能性があります。一度それぞれをつなぐケーブルを変えて、再接続してみるのがおすすめです。

相手の声が聞こえてこない

当然ながら、上記とは逆のパターンもあります。もちろん前述のように相手側のマイクに問題がある場合もありますが、こちら側のスピーカーが原因の可能性も少なくありません。たとえばボリュームが「0」になっている・端末とスピーカーとの接続が上手くできていない、というようなケースが考えられます。

また中には、相手の声は届いているものの聞き取りづらいなどのトラブルもあるでしょう。この場合はスピーカーの設定や接続のほかに、本体の性能が利用する環境に見合っていないこともあるので、一度見直してみると良いでしょう。

Web会議中のハウリングなどの不快音の防ぎ方

ここまでに取り上げてきた音声トラブルは、基本的には少し工夫を加えるだけで防止できるものばかりです。そこで以下からは、Web会議をより円滑にする解決策をご紹介していきます。

Web会議に適した周辺機器を導入する

大切な打ち合わせや商談など、ビジネス上でオンラインでのコミュニケーションを取り入れるのであれば、マイクやスピーカーなどの周辺機器は十分に整えておくのがベストです。端末に内蔵されているものでは性能が不足しており、重要なミーティングには適しているとは言えません。

たとえば1つの拠点で複数名が参加するWeb会議を考えているのであれば、ノイズキャンセリングの機能があるマイクスピーカーを導入するのがおすすめです。

周辺機器の設置場所を整える

音声を上手く拾えていない・聞き取りづらいなどのトラブルには、マイクやスピーカーの位置も大きく影響しています。前述にもあるように、マイクとスピーカーが近いとハウリングに、電子機器がそばにあるとノイズの原因になってしまいます。

そのためマイクやスピーカーを設置する際には、できるだけ上記を避けたうえで、収音しやすい場所を作るのが良いでしょう。またWeb会議用のマイクスピーカーを使うのであれば、参加者が囲うテーブルの中央に置くのが無難です。

ヘッドセットやイヤホンスピーカーを利用する

自席や自宅から参加する、または1つの部屋で複数端末を使う場合には、自分の声を集中的に拾える、ヘッドセットやイヤホンスピーカーを利用しましょう。自分自身も相手の話が聞きやすくなるため、きちんとWeb会議に専念できます。

Web会議用におすすめのヘッドセットについて、こちらの記事でも詳しく解説をしています。

【最新版】Web会議用におすすめのヘッドセット15選 | jinjerミーティング[ジンジャーミーテ ...
【最新版】Web会議用におすすめのヘッドセット15選 | jinjerミーティング[ジンジャーミーテ …
Web会議を快適に進めるためには、会議参加者それぞれがヘッドセットを利用することが望ましいでしょう。本記事では、Web会 …
www.calling.fun

ネットワークを見直す

通信環境の不安定さが音声トラブルにつながる場合もあるので、Web会議の際にはきちんとネットワークを整えておくのがベストです。たとえば、無線ではなく有線に切り替える・ほかのアプリケーションは落としておく・映像の解像度を低めに設定するなど、通信が安定するような準備をしておきましょう。

音声トラブルを防いでWeb会議をより便利に

実際に顔を合わせたコミュニケーションではないからこそ、Web会議では音声の質が非常に重要です。音声トラブルがあっては話がスムーズに進まないため、きちんとWeb会議に適した周辺機器や環境を準備しておくのがベストです。

Web会議をより快適にしたいと考えている際には、ぜひ参考にして対処法を試みてください。

<無料ebook>Web会議でのトラブル対応完全ガイド

Web会議 トラブル対応完全ガイド

Web会議では、「映像が固まる」「音声が聞こえない」「ハウリングしてしまう」などのトラブルが起きることがあります。そこで本資料では、Web会議で発生しやすい「映像」「音声」「ネット回線」のトラブルが起きた際の対処法を紹介します。

このような経験のある方におすすめ
  • Web会議でトラブルが発生したことがある
  • トラブルが発生した際の解決方法がわからない
  • トラブル対応のまとまった資料がほしい
  • トラブルへの備え方がわからない

こちらはの資料はjinjerミーティングに限らず汎用的に利用できる内容となっています。トラブルに備えるため、こちらの資料をぜひご覧ください。