Web会議Web会議の利用シーン

オンラインで社内イベントを開催しよう!おすすめ企画3選

オンライン 社内イベント

リモートでおこなう社内イベントが最近増えつつあります。
PCやスマートフォンがあればどこでも参加できるオンライン社内イベントは、会場が不要であったり感染症対策ができたりとメリットが豊富です。

しかし、オンライン社内イベントのメリットを理解しつつも、どのような企画を開催すればいいのかわからず、導入を迷っている企業は多いものです。

そこで、この記事ではおすすめのオンライン社内イベントの企画について紹介します。
開催に必要な準備や実際の事例についても掲載しているので、リモートワーク中も社員の親睦を深めたいと考えている企業は、ぜひ参考にしてみてください。

オンラインで社内イベントを開催するメリット

オンライン社内イベントとは、その名の通りインターネットとPCやスマートフォンなどのデバイスを通じておこなうイベントのことです。
近年は新型コロナウイルスの感染症対策だけではなく、リモートワーク中の社員にコミュニケーションを取ってもらうために開催されるようになってきました。

実際にオンライン社内イベントを開催すると、ほかにはどのようなメリットが得られるのでしょうか。
まずは、オンライン社内イベントのメリットを3つみていきましょう。

1. 社内に活気が生まれる

社内イベントをおこなうと、これまで業務上でしか関わりを持たなかった社員とコミュニケーションが取れます。
とくに場所を選ばずに参加できるオンラインイベントは、遠方の営業所や他部署といった今まで接点のなかった社員とも親睦を深められる点がメリットです。

社員同士がコミュニケーションを取ることでスムーズな業務につながり、社員のモチベーションや帰属意識の向上に役立ちます。
その結果、社内に活気が生まれたり定着率が上がったりするため、企業全体の利益につながるのです。

2. コストを抑えられる

社内イベントをオンライン化すると、時間やコストを大幅に削減できます。
会場やスタッフを確保して準備する手間、会場費や交通費などのコストなどが削減でき、最低限の時間的、金銭的コストでイベントを開催できるのです。

社員にとっても移動時間を削減することができるため、仕事に充てる時間やプライベートの時間を削ることなく参加しやすいというメリットがあります。

3. 参加してもらいやすくなる

オンライン社内イベントは、インターネット環境さえ整っていれば自宅から簡単に参加できます。
オンラインイベントは服装の自由度が高い傾向にあるため、気楽に参加しやすいでしょう。
また、対面のイベントに心理的ハードルを感じている社員にも参加してもらいやすいというメリットがあります。

オンライン社内イベントの開催に必要な準備

オンライン社内イベントの開催に必要な準備

オンライン社内イベントは対面のイベントと比べると必要な準備は少ないですが、開催するときはどうしても事前の準備が必要になります。
オンラインの会議やイベントに慣れていない企業にとってはおこなうべき準備がわかりにくいので、早めに知識を身につけて開催に備えておくことが大切です。

ここからは、オンライン社内イベントの開催に必要な準備について解説します。

1. 機材や配信ツールを用意する

まずは、機材や配信ツールを用意しましょう。
必要になるのは、以下の機材とツールです。

  • PC
  • カメラ
  • マイク
  • 配信ツール

カメラやマイクはPCに内蔵されているものでも問題ありませんが、画質や音質をよくしたい場合は、専用の機材を購入しておくとおいいでしょう。

配信ツールは、双方向のコミュニケーションが取りやすいWeb会議システムがおすすめです。
システムによって搭載されている機能は異なるため、イベント内容に合わせて選びましょう。

機材について、こちらの記事でも詳しく解説をしています。

Web会議に必要な機材の種類や選び方のポイントを徹底解説 | jinjerミーティング[ジンジャーミ ...
Web会議に必要な機材の種類や選び方のポイントを徹底解説 | jinjerミーティング[ジンジャーミ …
在宅勤務やリモートワークなどでWeb会議に参加する場合、必要な機材が揃っていなければ、円滑な会議進行の妨げになってしまう …
www.calling.fun

2. 社内イベントの目的と企画を考える

次に、社内イベントの目的と企画を考えましょう。
「部署の垣根を越えて交流を深めたい」「新入社員に企業理念を浸透させたい」など、目的によって最適な企画は異なります。

目的を達成でき、なおかつ飽きずに楽しんでもらえる企画を考案していきましょう。

3. 開催に向けて告知と準備を進める

目的を達成できる企画を考えたら、日程を決めて参加して欲しい社員に周知します。
社内報やメール、掲示板などで告知し、参加者を集めます。

当日までにプログラムやマニュアルを作成しておき、スムーズに進行できるように準備を進めていきましょう。
タイムスケジュールをしっかりと作成しておくと、中だるみを防いでメリハリのあるイベントにできます。

オンライン社内イベントにおすすめの企画3選

オンライン社内イベントにおすすめの企画3選

オンライン社内イベントを開催するときは、参加者に飽きずに熱中してもらえる楽しい企画を考えることが大切です。
とはいえ、リモートでできるイベントといわれても、どのようなプログラムにしたらいいかわからない人も多いかもしれません。

この章では、オンライン社内イベントのプログラムを考案するときに参考になるおすすめの企画を3つ紹介します。
どのようなイベントにしたらいいかわからないという場合は、ぜひチェックしてみてください。

1. リモートでできるゲーム

社員のコミュニケーションを促進したり団結力を強めたりしたいときは、ゲームを取り入れることがおすすめです。
リモートでできるゲームは意外に多く存在しているので、ここでは一例を紹介しておきます。

  • オンラインじゃんけん大会
  • クイズ大会
  • ビンゴ大会
  • 絵しりとり
  • ジェスチャーゲーム
  • イントロクイズ
  • 人狼ゲーム
  • リモート謎解きゲーム

シンプルなゲームばかりですが、工夫をすることで大人でも楽しめる内容にすることはできます。
ぜひ、自社らしさを盛り込んだ内容にカスタマイズして楽しんでみてください。

2. オンライン飲み会やランチ会

親睦を深めることが目的なら、オンライン飲み会やランチ会を楽しんでもいいでしょう。
テーマを設けてルームを分けたり、参加者をシャッフルして違う人と話せるようにしたりすると、よりコミュニケーションを促進できます。

飲み会やランチ会と一緒にゲームを実施しても盛り上がるでしょう。

3. eスポーツ大会

ゲーム好きな社員が多い場合は、eスポーツ大会を開催してみてはいかがでしょうか。
ライブビューイングできるようにしておけば、ゲーム機を持っていない社員も応援団として参加できます。

ゲームが苦手な人でも盛り上がれるように、クイズなどほかのプログラムと組み合わせることをおすすめします。

jinjerミーティング 資料請求

オンライン社内イベントで主催者が注意すべきこと

オンライン社内イベントを開催するときは、事前準備が非常に重要です。
企画の準備はもちろんのこと、機材やツールの操作方法についてもしっかりと確認し、当日スムーズに使えるように準備する必要があります。

主催者は、あらかじめリハーサルをおこなって操作方法や流れについて確認しておきましょう。
あわせて社員に参加ツールの操作方法をレクチャーしておくことも忘れてはいけません。

操作に不慣れな社員には積極的に声をかけ、サポートできる体制を整えることが大切です。

また、オンライン社内イベントは対面のイベントとは異なり、どうしても沈黙が生じやすい傾向にあります。
さらに参加者の間で温度差が生まれやすく、退屈してしまう人も出てきてしまうでしょう。

こういった状態を防ぐためにも、わかりやすくて誰でも参加しやすい企画を考えることが大切です。
複雑なルールの企画は避け、全員が楽しめる内容にすることを心がけましょう。

オンライン社内イベントの事例紹介

オンライン社内イベントの事例紹介

オンライン社内イベントは近年開催されることが増えたイベント形式ですが、いち早く取り入れて成功を収めている企業はすでに何社か存在しています。
この章では、オンライン社内イベントを実施している企業の事例を2つ紹介します。

実際の事例から、オンライン社内イベントを成功させる秘訣や得られる効果について知識を深めていきましょう。

1. 堅苦しくない内定者イベントを実施|みずほフィナンシャルグループ社

みずほフィナンシャルグループ社では、金融っぽさや堅苦しさをなくすことをテーマにオンライン社内イベントを開催しました。
プログラムは「演劇」「筋トレ」「マインドフルネス」「グラフィックレコーディング」「プレゼン」など、さまざまです。

主に内定者向けのイベントを開催しており、遠方の内定者にも平等に機会を提供できること、対面の懇親会よりも運営を効率化できることにメリットを感じているようです。
オンライン上で内定者が触れ合う機会を企業が設け、内定者同士の距離を縮めることに成功した例といえるでしょう。

参考:「バヅクリ」で内定者同士のつながりを創り、入社前の不安を解消|バヅクリ

2. 社内eスポーツ大会|トッパングループ

トッパングループでは、オンライン社内イベントとしてeスポーツ大会「TOPPAN eSPORTS FESTIVAL」を実施しました。

そのほか、クイズ王決定戦や従業員の家族も参加してできるアートギャラリーなど、ゲームにあまり詳しくなくても楽しめるイベントも開催しています。
オンラインで開催することで距離を超えた体験の共有が可能となり、従来のイベント以上の規模での開催が実現しています。

参考:なぜ印刷会社が? トッパンのeスポーツビジネス|トッパン

楽しい企画でオンライ社内イベントを盛り上げよう

オンライン社内イベントは、新型コロナウイルスによるリモートワーク中であっても、社員同士のコミュニケーションを促進できるというメリットがあります。

働き方改革でリモートワークが増えれば、ますますオンライ社内イベントを採用する企業は増えていくことが予想されます。今のうちにしっかりと開催方法や企画について知識をつけ、スムーズに導入できるように備えておきましょう。

<資料請求>この資料で国産Web会議ツール「jinjerミーティング」がまるわかり

jinjerミーティング資料請求

Web会議システム「jinjerミーティング」がわかる資料を用意しています。

このように感じている方におすすめ
  • jinjerミーティングを初めて知った
  • jinjerミーティングってどんなサービスなんだろう
  • jinjerミーティングで何ができるんだろう

フォームに必要項目を記入いただき、送信ボタンをクリックしてください。資料をお送りいたします。フォーム送信後、担当者からご連絡を差し上げる場合がありますので、ご了承ください。