Web会議Web会議の利用シーン

オンライン交流会とは?開催方法や成功のポイントを解説

オンライン 交流会

新型コロナウイルスの感染拡大で「密」を避けることが求められるようになった近年、さまざまなイベントの自粛が余儀なくされています。
そんな状況でも異業種交流したいときや会社内の親睦を深めるときに開催できるのが、オンライン交流会です。

オンライン交流会は、その名の通りインターネット上で交流を楽しむイベントです。
オンライン交流会は、どのような魅力があってどのように開催するイベントなのでしょうか。

この記事では、オンライン交流会の開催方法や成功させるポイントを紹介します。

jinjerミーティング 資料請求

オンライン交流会とは?主な開催目的

オンライン交流会は、スマートフォンやPC、Web会議システムを使って交流を深める活動のことを指します。

交流会といっても、開催する目的はさまざまです。
社内の仲間や業界内の企業と交流するために開催されることもあれば、異業種の人や仕事とは関係のない人と交流することを目的に開催されることもあります。

まずは、オンライン交流会の主な開催目的を2つみていきましょう。

会社内外の親睦会を目的としたオンライン交流会

交流会というと、会社でおこなわれるイベントをイメージする人が多いかもしれません。
会社内外の親睦会を目的としたオンライン交流会には、以下のようなものがあります。

  • 社内の親睦会
  • 新入社員の交流会
  • 同じ業界内の企業との交流会
  • 異業種交流会

上記のような会社や仕事関係でおこなわれる交流会は、同僚との一体感を高めたり社外に人脈を作ってビジネスチャンスを増やしたりすることが目的です。

仲間と交流を目的としたオンライン交流会

オンライン交流会は、仕事に関係のないシーンでも活用されます。
同じ趣味を持った友達をつくるための交流会や、ママ友を作るための交流会など、プライベートを充実させるためのイベントも多数開催されています。

居住地に関係なく参加できるオンライン交流会では、普段の生活圏では知り合えないような人とも知り合うことが可能です。

オンライン交流会ならではの魅力とは

オンライン交流会ならではの魅力とは

インターネット越しに参加できるオンライン交流会には、オフラインのイベントにはないメリットが数多く存在しています。
オンライン交流会ならではの魅力としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 好きな場所から参加できる
  • リモートワークにも対応している
  • 入退出やカメラのオンオフが自由
  • 費用と手間がかからない

オンライン交流会はインターネットが使えればどこからでも参加できるため、遠方に住んでいる人やリモートワークの人も参加しやすいというメリットがあります。
入退室やカメラのオンオフも自由なので、オフラインよりも心理的な障壁が低い点が大きな特長でしょう。

また、主催者側からすると、オンライン交流会のために会場やスタッフを用意する必要がないので、負担が少ないという利点もあります。
参加者にとっても自宅が会場となり、交通費をかけることなく参加できる点がうれしいポイントです。

オンライン交流会を開催するやり方と手順

オンライン交流会を開催するときは、機材を用意したりコンテンツを決めたりする事前準備が欠かせません。
とはいえ、はじめての開催ではどのように準備したらいいかわからず、戸惑ってしまう人も多いでしょう。

この章では、オンライン交流会のやり方と準備手順の基本を説明します。
基本を押さえておけば、交流会の内容に合わせて応用できるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

1. オンライン交流会で使う機材と配信ツールを用意する

まずはオンライン交流会で使う機材と配信ツールをそろえます。
最低限、PCとカメラ、マイクと配信ツールがあればオンライン交流会は開催できます。

PCにカメラとマイクが付いている場合はそれを使用しても問題ありませんが、画質や音質にこだわりたいときは専用の機材をそろえてもいいでしょう。

配信ツールとしては、Web会議システムはもちろん、SNSに付属するビデオ通話機能も活用できます。

Web会議システムについて、こちらの記事でも詳しく紹介をしています。

【最新版】Web会議システム39種類を比較 | jinjerミーティング[ジンジャーミーティング]
【最新版】Web会議システム39種類を比較 | jinjerミーティング[ジンジャーミーティング]
近年多くの企業がリモートワークやWeb会議を急速に推進しています。インターネット上には多くのWeb会議システムがあります …
www.calling.fun

2. オンライン交流会のテーマとコンテンツを決める

次に、オンライン交流会のテーマとコンテンツを決めます。
新入社員の交流会や異業種交流会など、イベントの目的によって最適なコンテンツは異なります。

お酒を飲みながら雑談を楽しんでもいいですが、せっかくですからテーマに沿ったコンテンツや企画を決めておくといいでしょう。
プレゼン形式やビンゴ大会など、みんなで盛り上がれるゲームなどを用意しておくと、参加者を飽きさせないイベントになります。

ただお酒を飲んで話すだけの交流会も楽しいですが、参加者が発言しにくいと感じて盛り上がり悪くなってしまう危険性があります。
あらかじめコンテンツやイベントを用意してタイムスケジュールを作成しておくと、中だるみを防ぎながら進行できるためおすすめです。

3. オンライン交流会のターゲットに合った方法で集客する

コンテンツが決まったら、スケジュールを共有して集客します。
社内の交流会であれば社内メールや掲示板を活用した告知、それ以外の場合はSNSやホームページを使った集客をおこないましょう。

社会人であればオンラインイベントサイトやFacebook、若年層であればTwitterやInstagramなど、ターゲットによって最適な集客方法は異なります。
より人数を集めたいのであれば、複数の方法を組み合わせて集客することをおすすめします。

4. 当日は飲み物や食べ物を用意して交流会を楽しむ

集客ができたら、あとは当日イベントを成功させるのみです。
オンライ懇親会は気軽に参加できるところが大きなメリットなので、当日は各自飲み物や食べ物を楽しみながら交流していきましょう。

開催後はアンケートなどで意見を募り、改善点を見つけて次回に活かせると、より満足してもらえるイベントの開催につながります。

オンライン交流会の開催を成功させるポイント

オンライン交流会の開催を成功させるポイント

オンライン懇親会は対面での懇親会と違うところが多いため、気を付けなくてはいけないポイントも異なります。
オンライン懇親会を開催したことがない企業にとっては、どのようなポイントに気をつければいいかわかりにくいかもしれません。

最後に、オンライン交流会を成功させるポイントについてみていきましょう。

あらかじめリハーサルをしておく

オンライン交流会では専用の機材や配信ツールを使用するため、あらかじめ操作方法や機能について確認しておかなくてはいけません。
当日いきなり使用すると、うまく使用できなくてトラブルの原因になる可能性が高いです。

必ず事前にリハーサルをして、スムーズに開催できるよう準備しておきましょう。
機材だけではなく、進行についてもしっかりとリハーサルしておくと安心です。

コミュニケーションが取りやすい環境を整える

オンライン交流会は、大人数でも参加できるイベントです。
しかし、人数が増えるほどコミュニケーションが取りにくくなり、参加者との間に温度差が生じやすくなるという注意点があります。

そのため、コミュニケーションが取りやすい環境を整えることが非常に大切です。

たとえば以下のような工夫をすると、コミュニケーションを取りやすくなります。

  • トークテーマごとに5人程度でグループ分けして、20分おきにローテーションする
  • 一人ずつ順番に発言できるように司会が進行する

上記のように参加者が積極的に発言できるプログラムにすることが、オンライン交流会を成功させるコツです。

ポイントを押さえてオンライン交流会を成功させよう

インターネットを通じて開催されるオンライン交流会は、参加しやすく費用や手間がかからないというメリットが豊富なイベントです。
オンライン交流会はさまざまな目的で開催されますが、どのような目的にせよ、参加者に楽しんでもらえるコンテンツを盛り込むことが肝心です。

スムーズに開催して参加者に楽しんでもらうためには、機材とツールの事前準備が欠かせません。
大人数のオンライン交流会に対応している配信ツールをお探しの場合は、ぜひWeb会議システムのjinjerミーティングをご活用ください。

<無料トライアル申し込み>迷っていたらまずは無料トライアルがおすすめ

jinjerミーティング無料トライアル

Web会議システム「jinjerミーティング」は、無料ですべての機能をご利用いただける7日間のトライアルをご用意しています。

こんな方におすすめ
  • まずは試してみたい
  • 使ってみてから考えたい
  • jinjerミーティングで何ができるんだろう

フォームに必要項目を記入いただき、送信ボタンをクリックしてください。担当者からご連絡を差し上げます。