Web会議Web会議の利用シーン

オンライン展示会とは?その特徴や出展の流れ・費用相場を紹介

オンライン 展示会

展示会はそれぞれの企業にとって、新商品や新サービスを売り込むのに効果的な機会です。
近年では従来通りの展示会のほかに、オンライン展示会と呼ばれる展示会が増えてきています。

オンライン展示会は、オフラインでの展示会とはまた違った特徴を有しているため、企業によってはオフラインでの展示会よりもメリットが多いかもしれません。

そこで今回は、オンライン展示会とは何か、オンライン展示会のメリットやデメリットなどについて、解説します。

jinjerミーティング 資料請求

オンライン展示会とは?

オンライン展示会とは、その名の通りオンライン上でおこなわれる展示会のことを指し、Web展示会やバーチャル展示会と呼ばれることもあります。

Web上で準備から開催までのすべてをおこなうことができ、展示会のバリエーションも豊富です。

また、オンライン展示会と従来のオフライン展示会を組み合わせた、新たなかたちの展示会も誕生しています。

オンライン展示会は、これまで商品紹介などのために展示会を開いていた多くの業界で導入されていますが、とくに製造業やアパレル業界、IT業界などでの導入が盛んです。

オンライン展示会の種類

オンライン展示会は、開催の仕方や仕組みなどによって、おもに以下のような種類に分類されます。

  • 3DCGブース
  • 360度画像ブース
  • 2Dブース

それぞれについて、説明します。

3DCGブース

展示会の会場をフル3Dで再現し、参加者に自由に動き回って見学してもらう方式です。実際の展示会に参加しているかのような臨場感とインパクトを与えられることが、大きな特徴でありメリットです。

ただし、すべてをフル3Dで再現する以上、時間と費用がかなりかかることがネックになる場合もあります。

360度画像ブース

実際のショールームなどを360度パノラマカメラで撮影し、そこに紹介したいものを配置して見てもらう方式です。3DCGブースほどではないものの、参加者に臨場感を感じてもらうことができます。

ただし、3DCGブース方式の展示会に慣れている人からすると、インパクトや臨場感が少し希薄に感じられてしまう可能性があります。また、実施するためにはパノラマカメラが必要なので、実施に向けて考慮しておかなければなりません。

2Dブース

展示会の会場を平面の2D画像に落とし込み、そこに紹介したい商品やサービスのリンクを貼り付ける方式です。実施するために特別な機材などは必要ないので、かなり安価におこなうことができるのは大きなメリットです。

ただし2Dである以上、3DCGブースや360度画像ブースと比べると、臨場感やインパクトなどにおいて見劣りしてしまうことは否めません。

コンテンツを魅力的に感じてもらえるような工夫を施すなどすることで、参加者の興味を惹くことが重要です。

オンライン展示会出展の流れ

オンライン展示会出展の流れ

オンライン展示会に出展する際の流れは、オフライン展示会に出展する際の流れと若干異なる部分があります。

オンライン展示会に出展する際の流れは、おおむね以下の通りです。

  • 展示会の種類を選ぶ
  • 展示会のコンテンツを作成する
  • 集客やプロモーションをおこなう
  • オンライン展示会を実行する
  • 追客・アフターフォローをおこなう

各フェーズについて、説明します。

1. 展示会の種類を選ぶ

上述したように、オンライン展示会にはいくつかの種類があります。

展示会で取り扱いたい商品やサービス、予算などを踏まえて、どのようなかたちでオンライン展示会をおこなうかを決めましょう。

2. 展示会のコンテンツを作成する

展示会の形式が決まったら、続いてコンテンツの作成をおこないます。コンテンツ自体の作成と並行して、配布資料の作成などもおこなっておくとよいでしょう。

参加者が来場してくれた際にどのようなやりとりをおこなうかも想定して、コンテンツの魅力的な見せ方を考えましょう。

3. 集客やプロモーションをおこなう

コンテンツの作成が一通り終わったら、集客やプロモーションをおこなって展示会への来場者を集めます。

集客やプロモーションの方法としては、SNSでの告知やDM、専用ページの作成などいろいろなものが考えられますが、費用対効果などを検討したうえで判断しましょう。

また、集客やプロモーションと並行して、本番環境で事前テストをおこなっておくことも重要です。ツールに不具合があった場合などは、本番までに修正しなければなりません。

4. オンライン展示会を実行する

オンライン展示会当日は、トラブルが発生した場合に備えてメンテナンス要員を待機させておきましょう。

オンライン展示会の形式や取り扱う商材によっては、講師のサポート要員や通訳なども必要になります。

5. 追客・アフターフォローをおこなう

オンライン展示会終了後は、参加者への追客やアフターフォローをおこないます。

参加者のデータを確認・分析すれば、確度の高い相手がわかるはずなので、そういった人にはとくに念入りな対応をおこなうことを心がけましょう。

オンライン展示会出展のメリット

オンライン展示会出展のメリット

展示会をオンラインでおこなうかオフラインでおこなうかは、それぞれの展示会のメリットやデメリットを比較したうえで、判断する必要があります。

オンライン展示会出展のメリットとしては、おもに以下のようなことが挙げられます。

  • コストを節約できる
  • 時間や場所などに左右されない
  • 展示会参加者のデータ収集が容易

それぞれのメリットについて、説明します。

1. コストを節約できる

オンライン展示会はオフラインでの展示会とは異なり、会場を予約しておく必要はなく、動員する人員も比較的少なく済みます。そのため、コストを全体的に節約することができます。

1回あたりのコストを削減することで、展示会に複数回出展することも可能になるので、顧客に対してアプローチをおこなう機会の増大にもつながります。

2. 時間や場所などに左右されない

オフラインの展示会では、展示会が開催されている場所の近くに住んでいたり、展示会が開かれている時間に都合をつけたりすることができなければ、参加することができませんでした。

しかしオンライン展示会は、時間や場所などを気にすることなく参加することができるので、これまでより多くの参加者を見込むことができます。

3. 展示会参加者のデータ収集が容易

オンライン展示会では、参加者がどこのブースに何分いたか、ブース間をどのように移動したかといった情報を、詳細に把握することができます。

こういった情報は、追客をより効率的におこなうのに役立ちます。

オンライン展示会出展のデメリット(注意点)

逆にオンライン展示会出展のデメリットや注意点としては、おもに以下のようなことが挙げられます。

  • 「体験」が希薄になってしまう
  • 展示会参加者に対する呼び込みが難しい
  • システムの構築などに手間やコストがかかる場合がある

それぞれの点について、説明します。

1. 「体験」が希薄になってしまう

オフラインの展示会では、実際に商品を手に取ったりサービスを体験したりすることができます。

しかし、オフラインの展示会ではそういったことがほとんどできず、体験が希薄になってしまいがちです。

展示会ならではの高揚感なども感じにくいので、参加者の意欲が低いままのこともあります。

2. 展示会参加者に対する呼び込みが難しい

オフラインの展示会では、参加者に対して自社のブースへの呼び込みをおこなうことができますが、オンライン展示会では基本的に「待ち」の姿勢にならざるを得ません。

参加者が自ら足を運んでくれるのを待つしかないというのは、出展者にとってはもどかしいものでしょう。

3. システムの構築などに手間やコストがかかる場合がある

オンライン展示会をおこなうシステムを自ら構築しなければならない場合、かかる手間やコストがネックになることがあります。

オンライン展示会では出展にあたってのコストは抑えることができますが、その前段階でコストがかかってしまうようではあまり意味がありません。

この点は、オンライン展示会をおこなうことができるプラットフォームを利用することで解消できる可能性があります。

オンライン展示会出展にかかる費用相場

オンライン展示会出展にかかる費用相場

オンライン展示会出展にかかる費用は、展示会の規模や出展形式などで大きく変わり、10万円~数十万円程度で出展できる場合もあれば、数百万円程度必要な場合もあります。

さらに、オンライン展示会でセミナーをおこなう場合や、展示会において充実したサポートを受けたい場合などは、費用が上乗せになることが多いようです。

実際にオンライン展示会への出展を検討している場合は、過去の同じようなオンライン展示会への出展費用などを参考にするとよいでしょう。

オンライン展示会ではコストを抑えた出展が可能

オンライン展示会はオンライン上でおこなわれる展示会のことであり、3DCGブースや2Dブースなどのいくつかの形式があります。

コストを抑えた出展が可能だったり、展示会参加者のデータ収集が容易だったりといったメリットがありますが、展示会ならではの体験が希薄になってしまったり、システム構築に手間やコストがかかる場合があったりといったデメリットもあります。

オフラインでの展示会との比較検討をおこなったうえで、オンライン展示会に出展すべきかどうかを判断するようにしましょう。

<無料eBook>Web会議システム「jinjerミーティング」がよくわかるサービス説明資料

jinjerミーティング サービス説明資料

Web会議システムの運用に不安はありませんか。この資料では、jinjerミーティングの特長や、充実の機能、万全のセキュリティ、活用方法などを紹介します。

本資料でわかること
  • サービスの内容
  • jinjerミーティングでできること
  • セキュリティ
  • jinjerミーティングの料金体系

すぐにつながる国産Web会議システムのjinjerミーティングでは、ビジネスコミュニケーションを支援するプロダクトを提供しています。jinjerミーティングを知るには、まずはこの資料をご覧ください。