Web会議Web会議用語

スピーカーフォンとは?活用シーンや選び方を詳しく紹介

スピーカーフォン

業務形態の多様化や社会情勢により、通常の会議をWeb上でおこなう企業が増えています。
需要の高まりによってWeb会議ツールの品質は向上していますが、参加側の環境が整っていない場合は質の高いWeb会議が望めません。

「Web会議の音質が悪い」「相手の声が聞こえにくい」などの悩みがある場合は、スピーカーフォンの導入を検討しましょう。
Web会議に関する音のトラブルを大幅に改善し、Web会議中の音声に関するストレスを軽減することができます。

本記事では、スピーカーフォンの概要や活用シーン、選び方を詳しく紹介します。

jinjerミーティング 資料請求

スピーカーフォンとは

スピーカーフォンとは

Web会議の環境を整える際、「備えておくべき」という声が強いのがスピーカーフォンです。
スピーカーフォンの導入によって、ある程度の音のトラブルをカバーすることができます。では、そもそもスピーカーフォンとはどのようなものなのでしょうか。

スピーカーフォンの概要や導入によるメリットを紹介します。

スピーカーにもマイクにもなるデバイス

スピーカーフォンとは、スピーカーと集音マイクを一体化させた装置です。
マイクとスピーカーを別々に備える必要がなく、購入の手間が省けます。

スピーカーフォンをデバイスのそばに置いておけば、聞き取りやすい音声が流れてきます。
こちらの声も相手にはっきりと伝えられるため、Web会議中の聞き間違いによる齟齬が生じにくくなるでしょう。

Web会議におすすめのスピーカーについて、こちらの記事でも紹介しています。

【最新】Web会議用に人気のおすすめスピーカー8選 | jinjerミーティング[ジンジャーミーティ ...
【最新】Web会議用に人気のおすすめスピーカー8選 | jinjerミーティング[ジンジャーミーティ …
Web会議や電話会議などで、マイクとスピーカーの一体型「スピーカーフォン」を利用する場面が増えてきています。Web会議用 …
www.calling.fun

複数人での会話を可能にする

スピーカーフォンは、広範囲の音を拾えます。
不必要に声を張り上げる必要がないため、複数人でWeb会議に参加する場合も、比較的自然なかたちで会話することが可能です。

Web会議中の音声向上にはヘッドセットやイヤホンマイクを活用する方法もありますが、その場合は1人ずつWeb会議に参加することになります。
オフィス同士や支社間など、複数人で同時にWeb会議に参加し、自然なコミュニケーションを取りたいときは、スピーカーフォンの方が有益です。

スマートフォンとの相性もよい

スマートフォンのスピーカーを使ってWeb会議に参加する場合、音声に不満や不安を感じることが少なくありません。

「音が割れたり聞こえにくかったりして会議の内容が把握できない」「聞き取りにくいと言われないよう声を張ったり大きくしたりして気を遣う」といった悩みが生じがちです。

Web会議中、スマートフォンをスピーカーフォンと連携させれば、相手の声もはっきりと聞こえます。
話すときも大声を張り上げる必要はなく、スマートフォンにありがちな使いにくさを感じません。

音に気を遣わなくて済むので会議の内容に集中しやすくなり、Web会議の有効性が高まります。

スピーカーフォンの活用シーン

スピーカーフォンの活用シーン

スピーカーフォンを導入すれば、相手の声が聞き取りやすくなるうえ、不必要に声を張り上げる必要もありません。そのため、仕事中のさまざまな場面で、音声に関するストレスが軽減します。
スピーカーフォンの活用シーンを紹介します。

大人数でのWeb会議

大人数が参加するWeb会議では、「何を言っているか聞こえない」「はっきりしゃべってほしい」などのやりとりが会議の雰囲気を悪くします。
発言者が大声を張り上げたり、同じことを何度も繰り返したりすることで会議の進行が妨げられ、予定時間をオーバーすることもあるでしょう。

高性能のスピーカーフォンなら、小さな声まで拾います。聞き間違いによる齟齬や聞き返しなどが減ることにより、大人数でのWeb会議もおこないやすくなるはずです。

テレワーク中のWeb会議・連絡

テレワーク中のWeb会議は、使用するPCの性能がWeb会議の質に影響します。
使用しているPC内蔵のスピーカーやマイクの性能が低い人と高い人では、会議の理解度に差が出る可能性があります。

Web会議の参加者がスピーカーフォンを導入すれば、PCのスピーカーやマイクに頼る必要がありません。
音質がよくなるので、Web会議自体の質も向上します。

Web会議の音声トラブルについて、こちらの記事でも解説しています。

Web会議で音声や映像が遅延する原因と対処法を解説 | jinjerミーティング[ジンジャーミーティ ...
Web会議で音声や映像が遅延する原因と対処法を解説 | jinjerミーティング[ジンジャーミーティ …
音声や映像の遅延は、Web会議で起こりがちなトラブルの一つです。遅延が頻繁に発生すると、Web会議がスムーズに進まないだ …
www.calling.fun

出先や屋外からのやりとり

出先や屋外からWeb会議に参加したり連絡を取ったりするときは、スマートフォンを活用することがほとんどです。
音の調整などができず、クリアな音声を拾いにくくなるかもしれません。

スピーカーフォンがあれば、環境に合わせた音の調節が可能です。
小型サイズのスピーカーフォンなら持ち運びがしやすく、特定の場所以外でも使えます。

スピーカーフォン選びでチェックすべきポイント

スピーカーフォン選びでチェックすべきポイント

スピーカーフォンの種類は多く、製品による性能の違いは大きいといわれます。
価格帯もメーカーや性能によって異なるため、「何を基準にして選ぶか」を明確にしておくことが大切です。

スピーカーフォンを選ぶとき、チェックしておきたいポイントを紹介します。

集音性

同じ場所から複数人が一つのアカウントでWeb会議に参加する場合は、適切な集音性があるかどうかをチェックしておきましょう。
集音性が高いスピーカーフォンは、音を拾える「集音半径」が広くなります。
そのため、スピーカーフォンから離れた場所にいる人の声も拾うことができます。

同じ場所からの参加人数が数人規模なら集音半径が3~5m、10人を超える場合は5~10mくらいあるのが望ましいでしょう。
部屋が広い場合は、スピーカーフォンを2~3個配置するのもおすすめです。

マイクの指向性

指向性とは、音波や電波などの強さ、あるいは広いやすさが方向によって異なる性質のことをいいます。
スピーカーフォンの指向性は主に「無指向性」「単一指向性」の2種類です。

無指向性は全方向の音を拾う一方、単一指向性は一方向からの音しか拾いません。
スピーカーフォンを囲んで複数人でWeb会議をする場合は無指向性、家庭のテレワークで使うのであれば単一指向性をおすすめします。

Web会議におすすめのマイクについて、こちらの記事でも紹介しています。

【最新版】Web会議におすすめマイク16選 | jinjerミーティング[ジンジャーミーティング]
【最新版】Web会議におすすめマイク16選 | jinjerミーティング[ジンジャーミーティング]
Web会議に参加するためにはマイクが必要です。パソコン内蔵のマイクを使う方も多いですが、専用のマイクがあればお相手に声を …
www.calling.fun

接続方法

スピーカーフォンはデバイスに接続して使いますが、接続方法はさまざまあります。
主なものは以下の3つです。

Bluetooth無線接続で携行性が高い。接続が不安定になりやすい
USB有線なので接続が安定する。置き型のデバイスに最適
NFC(近距離無線通信)対応デバイスをかざすだけで接続可能。ペアリング不要。対応機種が限られる

出先で使うなら無線のBluetooth、NFCが便利です。
ただし、Bluetoothは接続が安定しにくい点に注意しましょう。

一方、家庭のPCなどで使うならUSB接続の方が安心です。
接続と同時に充電も可能なため、電源を確保する必要もありません。

スピーカーフォンを使う場所や状況に合わせて、最適の接続方法を選びましょう。

そのほかの機能も確認

スピーカーフォンによっては、音の精度を高める機能が付いているケースがあります。
質の高いWeb会議を実現したい場合、以下の機能に注目してみましょう。

エコーキャンセリング機能スピーカーから出る音を拾わない機能。ハウリング対策に有益
ノイズキャンセリング機能音声以外のノイズを拾いにくくする機能
オートゲインコントロール機能音量レベルを自動調節する機能

このうちオートゲインコントロール機能は、複数人同士でおこなう、支社間やオフィス間でのWeb会議に最適です。
マイクから離れた人や声の大きい人の音量バランスを自動で整えてくれるため、全員の声が均一に聞こえます。

スピーカーフォンでストレスフリーなWeb会議を実現しよう

マイクとスピーカーが一体化したスピーカーフォンは、不安定になりやすいWeb会議の音声の質を高めてくれるツールです。
Web会議で音が聞こえにくい経験をしたり「言葉を聞き取りにくい」などと言われたりしたことがある人は、スピーカーフォンの導入で状況を改善できるでしょう。

近年はWeb会議の増加からスピーカーフォンの需要も高まっています。
さまざまなメーカーが多種多様なスピーカーフォンを発売しているため、必要な性能や機能を見極めることが必要です。

集音性や指向性、接続方法、その他機能をしっかりとチェックして、ニーズに合うものを選びましょう。

スピーカーフォンの導入で、発言しやすく聞き取りやすいストレスフリーなWeb会議を実現してください。

<無料ebook>Web会議でのトラブル対応完全ガイド

Web会議 トラブル対応完全ガイド

Web会議では、「映像が固まる」「音声が聞こえない」「ハウリングしてしまう」などのトラブルが起きることがあります。そこで本資料では、Web会議で発生しやすい「映像」「音声」「ネット回線」のトラブルが起きた際の対処法を紹介します。

このような経験のある方におすすめ
  • Web会議でトラブルが発生したことがある
  • トラブルが発生した際の解決方法がわからない
  • トラブル対応のまとまった資料がほしい
  • トラブルへの備え方がわからない

こちらはの資料はjinjerミーティングに限らず汎用的に利用できる内容となっています。トラブルに備えるため、こちらの資料をぜひご覧ください。