Web会議Web会議に必要なもの・機材

Web会議にはタブレットでも参加可能!5つの活用メリット

Web会議にはタブレット

新型コロナウイルスの影響により、テレワークが広く普及している今、遠隔地にいながら会議をおこなえるWeb会議の需要が高まっています。

Web会議というとパソコンを使用しておこなうイメージがありますが、外出先や出張先にいるときは手軽なタブレットを利用できると便利です。

そこで今回は、タブレットからでもWeb会議に参加できるのかどうか、タブレットを利用するメリット、端末の選び方などについて解説します。

<無料ebook>テレワークの光熱費・通信費の計算と支給方法(費用シミュレーション付き)

テレワークを導入することで、従業員の光熱費や通信費の負担が増えています。これらの費用は会社負担にすべきなのでしょうか。従業員が負担すべきなのでしょうか。その計算方法・支給方法を国税庁の見解をもとに紹介します。

本資料でわかること
  • テレワーク導入に伴う負担金額の計算方法
  • 費用負担のルールの策定方法
  • テレワークに伴う経費のシミュレーション

テレワーク導入による費用の負担で疑問や悩みを抱えている方や、精算の計算方法を知りたい方はぜひご覧ください。

Web会議にはタブレットからも参加できる

オフィスや自宅にいるときは、パソコンを使ってWeb会議に参加できます。しかし、移動中や出張など、パソコンを毎回持ち歩くのが難しい場合もあります。

その際に活躍するのがタブレットです。タブレット端末からでもWeb会議に参加することは可能なので、突発的にWeb会議が開かれることが多い人におすすめです。

また、Web会議システムにはいろいろな種類があります。そのほとんどがマルチデバイスに対応しており、PCだけでなく、スマホやタブレットでも問題なく利用できます。

タブレットからWeb会議に参加する場合は、専用アプリをインストールするか、あるいはインストール不要なブラウザ型のWeb会議システムを利用することになります。

アプリの場合、ダウンロードやインストールの手間はありますが、一度設定してしまえばワンタップで起動できるので、頻繁にWeb会議を利用する人は専用アプリをインストールするのがおすすめです。

基本的な操作はPC版とほぼ同じなので、これまでPCでしかWeb会議に参加していない人でも、スムーズに利用開始できるでしょう。

Web会議にタブレットを活用するメリット

Web会議にタブレットを活用するメリット

PCとタブレットを両方持っている人は、「わざわざタブレットを利用してWeb会議に参加しなくてもよいのでは」と思うかもしれません。

しかし、タブレットにはタブレットならではの利点があり、PCで参加するよりも多くのメリットを得ることができます。

ここでは、Web会議システムにタブレットを利用した場合のメリットを5つ紹介します。

1. 標準機能ですぐに参加できる

Web会議システムを利用するには、最低でもマイクとカメラ、スピーカーが必要です。

デスクトップPCの場合、カメラやマイクが標準で搭載されていない機種もあるため、Web会議システムを利用するには別途外付けのカメラやマイクを準備する必要があります。

その点、タブレットならカメラ、マイク、スピーカー機能がすべて標準搭載されているので、別途機器を用意したり、セットアップしたりする必要はありません。

専用アプリはWebからすぐにインストールできるので、急にWeb会議に参加しなければならない場合でもすぐに対応できます。

2. 場所を問わずWeb会議に参加できる

デスクトップPCの場合、オフィスまたは自宅でしか利用できないため、Web会議に参加できる場所が限られてしまいます。

モバイル端末であるタブレットなら、屋内外問わずインターネットに接続できるので、外出先や出張先など、さまざまな場所からでもWeb会議に参加することができます。

テキストチャット機能に対応しているWeb会議システムなら、公共交通機関で移動している間も会議に参加できるので、移動時間を有効活用できるところも大きなメリットです。

ノートPCも持ち歩きは可能ですが、タブレットに比べるとサイズや重量が大きいので、出先で使うならコンパクトかつ軽量なタブレットを使った方が便利です。

ノートパソコンについて、こちらの記事でも詳しく紹介しています。

Web会議用ノートパソコンの選び方7つのポイントを徹底解説 | Calling[コーリング]
Web会議用ノートパソコンの選び方7つのポイントを徹底解説 | Calling[コーリング]
昨今の世情からテレワークに踏み切った企業は多くあります。近年は、オフィスワークにもテレワークにも対応できるようにノートパ …
www.calling.fun

3. Web会議に参加しながらパソコンを使える

PCを利用する場合、Web会議システムが画面の大半を占めてしまうため、会議以外の作業をおこなうのが難しくなってしまいます。

タブレットでWeb会議をおこなえば、会議に参加しながらPCで調べ物をしたり、会議に必要な資料を表示させたりできるので、会議をよりスムーズに進行させることができます。

また、テレワーク中はいつでもWeb会議に参加できるよう、アプリを常駐させていることが多いですが、バックグラウンドでアプリを起動しているとPCの動作が遅くなってしまう場合があります。

PCは作業用、タブレットはWeb会議用と使い分けていれば、PCで快適な作業を続けることができます。

4. 現場でスムーズに情報共有できる

Web会議システムには、メンバー同士でテキストや画像などのファイルをやりとりできる共有機能が搭載されています。

たとえば建設業の場合、会議で現場の画像が必要になるケースがあります。その際に外に持ち歩けるタブレットなら、現場で写真を撮影し、Web会議を介してその場でファイルを共有することも可能です。

いちいち画像をPCに転送する手間が省けるため、情報共有にかかる時間を節約できます。

5. 突発的なWeb会議にも対応しやすい

外出中や帰宅後など、オフィスにいる以外のタイミングでWeb会議をすることもあります。タブレットを持ち歩いていれば、そのような突発的なWeb会議にも対応しやすいです。

スマホと同様持ち運びしやすく、パソコンほどではないものの画面も大きいため、利便性も問題ありません。

Web会議に参加するタブレットの選び方

Web会議に参加するタブレットの選び方

Web会議に参加するためにタブレットを購入する場合、「PCのサブだから」と価格重視で選んでしまうと、性能が不足していて不便を強いられる可能性があります。

タブレットは決して安い買い物ではないので、購入してから後悔しないよう、Web会議に適した機種を選ぶことが大切です。

ここでは、Web会議に参加するタブレットを選ぶ際に押さえておきたいポイントを4つ紹介します。

1. OSをチェックする

タブレットに搭載されているOSには複数の種類があり、それぞれ特徴が異なります。

たとえばGoogleがモバイル端末向けに開発したAndroidOSを搭載したタブレットは、手頃な価格に設定されているところが魅力で、Web会議のためだけに利用するなら十分な性能を備えています。

一方、PCと同じWindowsOSを搭載しているタブレットは、PC向けのアプリも利用できるうえ、別売りのキーボードを取り付けて簡易的なPCとして使うことも可能です。

それに伴い、値段は高めですが、Web会議だけでなく、出先でPC作業もおこないたいという人におすすめです。

このように、タブレットのOSが自分のニーズや利用シーンに合っているかどうかを考えながら機種を選ぶのがポイントです。

また、使用するWeb会議システムによっては、一部OSに対応していないこともあります。

タブレットを購入してから利用するWeb会議システムを選ぶという方法もありますが、会社などの規定で利用するシステムが決まっている場合、そのシステムに対応しているOSのタブレットを選ばなければなりません。

Web会議システムがどのOSに対応しているかは、システムの公式サイトなどに掲載されているので、あらかじめ推奨環境を確認しておきましょう。

2. 画面サイズをチェックする

タブレットの画面は、7インチ未満のコンパクトなものから、11インチ以上の大画面まで、幅広いサイズがラインナップされています。

7~9インチ程度のコンパクトなタブレットは、セカンドバッグにもすっぽり入るサイズなので、外回りの営業職など、移動や外出の多い人におすすめです。

9~11インチ程度のタブレットは、7インチのタブレットに比べるとやや重量は増しますが、画面が大きくなるので、文字や画像が見やすくなります。

Web会議でテキストファイルや画像ファイルを閲覧することが多いのなら、9~11インチのタブレットを選ぶとよいでしょう。

11インチを超えるほど大きなタブレットになると、片手で持つのは難しくなるため、両手で持って利用するか、スタンドなどに立てて利用することになります。

当然、移動中の利用などには適しませんが、大画面なのでWeb会議中の相手の表情がはっきりわかるようになります。

社内会議だけでなく、取引先や顧客との商談や打ち合わせにもWeb会議を利用するという人は、11インチ以上の大画面タブレットを使用した方がビジネス面で有利になる可能性があります。

3. 画面の解像度をチェックする

タブレットの画面はサイズだけでなく、解像度もチェックすることが大切です。

同じサイズのタブレットでも、解像度が高い方がより画素の密度が高く、精細な表現が可能となります。

解像度が低く画像の粗いタブレットを選んでしまうと、Web会議中に相手の表情がわかりづらくなったり、共有したテキストや画像のファイルが見えにくくなったりすることがあります。

Web会議を高画質な画面でおこないたいのなら、1920×1080(フルHD)以上の解像度のタブレットを選びましょう。

4. SIM対応かどうかチェックする

ほとんどのタブレットはWi-Fiに対応していますが、SIMに対応しているか否かはタブレットの機種によって異なります。

Wi-Fi専用タブレットを選んでしまうと、Wi-Fi環境下以外のところではWeb会議をおこなえなくなるので、移動中や出先でもWeb会議に参加したいという場合は、SIM対応のタブレットを選ぶ必要があります。

なお、タブレットもスマホ同様、SIMフリーの製品があります。

格安SIMを利用する場合や、キャリアを途中で変更する可能性がある場合は、SIMフリーのタブレットを購入した方がよいでしょう。

タブレットは場所を問わずWeb会議に参加できる便利なアイテム

小型のタブレットはPCに比べて持ち運びやすく、場所を問わずに利用できるので、移動中や出先でもWeb会議に参加することができます。

PCと併用すれば、タブレットでWeb会議に参加しつつ、PCで作業するということも可能になるため、業務効率の向上に役立ちます。

タブレットは機種によって性能や特長に違いがありますので、自分の用途や利用シーンに合った商品を選ぶようにしましょう。

<無料eBook>DX推進のヒントがつまったCalling導入事例集

Web会議システム「Calling」の導入事例集をご用意しました。この資料では、実際にCallingをご活用いただいている企業様にインタビューのもと、「Callingを導入して得られた成果」と「成果を上げるためにおこなっていること」をご紹介します。

本資料でわかること
  • Callingでできること
  • Callingの活用の方法
  • Callingを導入して得た効果

以上の内容で、Callingを紹介しています。Callingの活用方法をイメージすることができるので、ぜひこちらの資料をご覧ください。