ウェビナーウェビナーツールを比較

ウェビナーのやり方を5ツールごとにわかりやすく解説

ウェビナーのやり方

新型コロナウイルスの流行により、イベントやセミナーなどが開催できなくなったことから、多くの企業がウェビナーを取り入れ始めています。

ウェビナーとは、オンラインでおこなわれるセミナーのことで、会場費や人件費の削減につながることがメリットです。参加者も、現地への交通費や時間が必要なくなるため、気軽にイベントへ参加できるようになります。

これからウェビナーを導入する場合は、どんなツールを使って、どのように開催すればよいのでしょうか。

この記事では、ウェビナーのやり方を、5つの人気ツールごとに説明します。

一般的なウェビナーのやり方

ウェビナーは、Web会議システムやウェビナーツールを使って開催します。ツールによって、ウェビナーのやり方が異なることを理解しておきましょう。

使用するツールを選ぶ前に、ウェビナーの配信方法や参加方法の違いについて解説します。方法の違いを理解し、開催したいウェビナーに適したツールを選びましょう。

ウェビナーの開催方法について、こちらの記事でも詳しく解説しています。

ウェビナーの開催手順や案内方法・費用目安を詳しく紹介 | Calling[コーリング]
ウェビナーの開催手順や案内方法・費用目安を詳しく紹介 | Calling[コーリング]
政府によるテレワークの推奨など、ビジネスやプライベートのオンライン化が進んでいます。以前は対面でおこなっていたセミナーも …
www.calling.fun

ライブ配信・録画配信

ウェビナーの配信方法は、ライブ配信(リアルタイム)と録画配信の2つです。

ライブ配信では、参加者は決められた時間に配信される動画を視聴します。動画は編集されていないため、トラブルが起こると、ウェビナー自体に大きな影響が出てしまうことがデメリットです。なかには追っかけ再生が可能なツールもあり、必ずしも時間通りに参加する必要はありません。

録画配信は、何度も繰り返して視聴できることがメリットです。視聴時間や一時停止などの操作は参加者が自由に設定できるため、時間の都合で視聴の機会を逃すことはありません。ライブ配信のような臨場感が足りないことが、録画配信のデメリットです。

参加方法

ウェビナー用のツールを選ぶときは、参加方法もチェックします。

誰でも視聴できるオープンな配信か、会員や登録者のみのクローズな配信かによって、ウェビナーのやり方も変わります。とくにクローズなウェビナーを開催するときは、参加者の限定できるツールを選びましょう。

ウェビナー用ツールごとにやり方を解説

Web会議システムの中には、ウェビナー用に機能が特化したものもあり、ウェビナー開催に最適なツールが用意されています。その多くは有料ツールで、画面共有機能やホワイトボード機能など、Web会議システムの機能が使えることがメリットです。

ここでは、ウェビナーに特化したツールのやり方を、それぞれ解説します。

1. Calling Webinar

Calling Webinar
出典:https://www.calling.fun/webinar/

Calling Webinarは、大規模イベントにも対応可能なウェビナーツールで、次のやり方で開催が可能です。

  1. Webinarルームを作成
  2. ホスト・ゲストをWebinarルームに招待
  3. 配信用URLから参加

まずWebinarルームにて参加者のメールアドレスを登録し、参加者リストを作成します。

ウェビナーの開催者は、自身以外にホストを6名追加することが可能です。ホストもゲストも、アカウントの作成やインストールは必要ありません。登録したメールアドレスに、視聴用ルームと配信用ルームの案内が送信されるため、URLをクリックすることでウェビナーに参加することができます。

プラン初期費用年間料金視聴者数配信方法
問い合わせ問い合わせ最大1,000名ライブ

Callingを無料で試してみる ➤

2. Zoom ビデオウェビナー

Zoomビデオウェビナー
出典:https://zoom.us/jp-jp/webinar.html

Zoomでは、Web会議用のZoom ミーティングとウェビナー用のZoom ビデオウェビナーがあります。ウェビナーのやり方は、次のとおりです。

  1. ウェビナーのスケジューリング
  2. 演者と参加者それぞれに招待URLを送付
  3. 当日、招待URLから参加

Zoom ビデオウェビナーは、ライブビデオパネリストと呼ばれる演者と、参加者の招待URLが異なるため、両者を明確に区別する必要があります。演者と参加者を分けるメリットは、参加者側のカメラ設定がオフになり、プライバシーが守られることです。

100名~10,000名まで、参加者に合わせたプランを選択でき、ライブ配信だけでなく、録画によるオンデマンド配信も可能です。有料設定もできるので、さまざまな形式のウェビナーに対応できることが魅力です。

プラン初期費用年間料金視聴者数配信方法
参加者100名53,800円/ライセンス最大100名ライブ、録画
参加者1000名457,000/ライセンス最大1,000名ライブ、録画
参加者10,000名8,722,600/ライセンス最大10,000名ライブ、録画

3. Microsoft Teams

Microsoft Teams
出展:https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-teams/free

Microsoft Teamsでは、有料プランの「ライブイベント」を利用することで、ウェビナーが開催できるようになります。Microsoft Teamsでは、次のやり方でウェビナーを開催します。

  1. オンラインイベントを作成する
  2. 参加者をリンクする
  3. スケジュールの統合
  4. メールで招待URLを共有する

Googleアカウントを持っていなくても参加できますが、スケジュールに自動追加されないため、招待URLをメールで送る必要があります。

ライブイベントでは、参加者のマイクやカメラはオフに設定され、Zoomビデオウェビナーと同様に、プライバシーが保護されます。

Microsoft Teamsでライブイベントが利用できるプランは、下の表の5つです。最大10,000人が参加可能、ライブ配信のほかに、追っかけ再生もできます。

プラン初期費用月額料金視聴者数配信方法
Office 365  E1975円/ユーザー最大10,000名ライブ、録画(追っかけ再生可能)
Office 365  E32,170円/ユーザー最大10,000名ライブ、録画(追っかけ再生可能)
Office 365  E53,810円/ユーザー最大10,000名ライブ、録画(追っかけ再生可能)
Microsoft  365 E33,480円/ユーザー最大10,000名ライブ、録画(追っかけ再生可能)
Microsoft  365 E56,200円/ユーザ―最大10,000名ライブ、録画(追っかけ再生可能)

4. Cisco Webex Events

Cisco Webex Events
出典:https://www.cisco.com/c/ja_jp/products/conferencing/webex-events/index.html

Cisco Webex Eventsは、Web会議サービスの1つで、次のやり方でウェビナー開催が可能です。

  1. ブラウザ、またはOutlookでスケジュールを作成する
  2. 招待URLを送る
  3. 当日、招待URLから参加

専用アプリから参加するときは、ミーティング番号とパスワードの入力をして、ウェビナーに参加します。事前に、アプリのダウンロードが必要な点に注意しましょう。

プラン初期費用月額料金視聴者数配信方法
無料無料最大100名ライブ、録画
Starter1,700円/主催者最大150名ライブ、録画
ビジネス3,400円/主催者最大200名ライブ、録画
Enterprise問い合わせ問い合わせ問い合わせライブ、録画

配信用ツールごとにやり方を解説

ウェビナーは、前述したWeb会議システムを利用しなくても、ライブ配信や録画配信をおこなえます。画像共有やホワイトボード機能など、会議システムの機能が不要なら、配信に特化したツールを使うのもおすすめです。

ここでは、配信用ツールごとに、ウェビナーのやり方を説明します。

1. Vimeo(ビメオ)

Vimeo
出典:https://vimeo.com/jp

Vimeoは、ウェビナーを限定公開するときに便利な配信用ツールです。

やり方は難しくなく、ウェビナー動画を作成し、プラットフォームにアップロード、最後に動画を公開するだけです。非公開リンクとパスワードで関係者のみに動画を配信できるほか、配信用サイトを設定することで動画の再生範囲を限定できます。

  1. 動画の作成
  2. 動画のアップロード
  3. 公開

ライブストリーミングで、ウェビナーを開催するときは、次のやり方で配信します。

  1. イベントを設定
  2. プレビュー画面で音声と映像のテスト
  3. ライブ配信

配信前に、音声が画像のテストができるため、未然にトラブルを防げるでしょう。

プラン初期費用月額料金(年払い)視聴者数配信方法
Plus700円/アカウント1人ライブ、録画
Pro2,000円/アカウント3人ライブ、録画
Business5,000円/アカウント10人ライブ、録画
Premium7,500円/アカウント無制限ライブ、録画
Enterprise問い合わせ問い合わせ問い合わせ

2. YouTube Live

YouTube ライブ
出典:https://www.youtube.com/intl/ALL_jp/howyoutubeworks/product-features/live/

YouTube Liveでは、無料でウェビナーのライブ配信ができます。ライブ配信の録画も無期限に保存され、配信中の追っかけ再生も可能です。

ウェビナーのやり方は次のとおりです。

  1. チャンネル確認でチャンネルの承認
  2. YouTubeの「ライブ配信開始」から開始

YouTube Liveを利用するには、YouTubeによるチャンネル確認が必要で、確認の完了には最大24時間かかることに注意しましょう。

また、ウェビナーを限定公開するときは、公開範囲を「限定公開」に設定する必要があります。配信開始後にしかURLを共有できないこと、またURLにパスワードの設定ができないことがデメリットです。

プラン初期費用月額料金視聴者数配信方法
YouTube Live無料無制限ライブ、録画(追っかけ再生可能)

ウェビナーのやり方はツールごとに異なる

ウェビナーのやり方は、ツールごとに異なります。Zoom ビデオウェビナーやMicrosoft TeamsなどのWeb会議システムやvimeoなどの有料ツールでは、ウェビナーをスケジューリングし、会場のURLを共有して開催します。

一方、YouTubeは無料で利用できますが、ライブ配信の共有はウェビナー開始後に発行されるURLが必要です。そのため、YouTubeを利用したウェビナーは録画、もしくはSNSでの共有を目的としたオープンなウェビナーに向いているといえるでしょう。

参加者が限られている場合や、有料ウェビナーの場合は、Web会議システムのウェビナープランを利用するのがおすすめです。

<無料eBook>ウェビナーツール「Calling Webinar」がよくわかるサービス説明資料

Callingでは、大規模イベントに対応したウェビナーツール「Calling Webinar」を提供しています。Calling Webinarは1,000名対応のウェビナーツールです。社内での勉強会や、求職者に向けた会社説明会、大規模なオンラインイベントまで幅広くご利用いただけます。

本資料でわかること
  • Calling Webinarでは何ができるのか
  • どんな機能があるのか
  • セキュリティはどうなっているのか
  • 料金体系はどうなっているのか

Calling Webinarについて、以上の内容を説明する資料となっています。Calling Webinarを知るには、まずはこの資料からご覧ください。