ウェビナーウェビナーツールの機能

ウェビナーでのアンケート機能の使い方をわかりやすく解説

人を集めるための会場を押さえる必要もなく、場所を問わずに参加しやすいウェビナーは、その利便性の高さから多くの企業で開催されています。
自社の商品やサービスのプレゼンをはじめ、顧客の課題解決に向けた講演会や勉強会、あるいは社内の研修会など、今やあらゆるシーンに役立っています。

通常のセミナーにおいて、参加者の反応や意見を知るために、アンケートを取ることは非常に重要な役目を果たします。
とくにウェビナーでは参加者の様子が直接見られるわけではないので、個々の意識を確認するにはアンケートが有効的です。

「参加している人との接触がしづらい」というオンラインならではの特徴もあってか、各ウェビナーツールではアンケート機能を実装しているものが多く存在しています。
そこで本記事では、ウェビナーでのアンケート機能の効果的な使い方について、詳しく解説していきます。

ウェビナーにおける次のステップに不可欠な機能

ウェビナーでのアンケート機能とは、参加者にアプローチするためのものです。
先ほども出てきたように、オンラインではどうしても参加者との距離感が遠くなりがちなので、アンケート機能などによって、こちらから積極的に働きかける必要があります。

またアンケート機能を上手く使っていけば、ウェビナーの運営をどんどん充実させることにもつながる点が大きなメリットです。

では実際にどのような目的で活用できるのか、以下から具体的にみていきましょう。

1. 参加者の反応を把握する

アンケート機能によって参加者のデータを集めることで、どの層にどんな内容が響いたのか詳しく把握することが可能です。
さらにウェビナーの参加によって得た感想を知ることで、潜在的な意識を発見することにもつながります。

たとえば、自社製品に関連するウェビナーをおこなった場合に「このツールをどんな場面で使いたいですか」というような質問をすれば、各参加者のニーズを汲み取るのに役立つでしょう。

アンケート機能の理想的な使い方として、集計データの分析で有用性の高い情報を集めていく方法が考えられます。

2. アフターフォローに役立てる

ウェビナーを通じて確かな成果を出すには、参加者に対するアフターフォローが欠かせません。
このような事後のコミュニケーションに利用できるのが、各ウェビナーに関するアンケートです。

前の項目でも触れていますが、参加者の潜在的なニーズがわかれば、一定のターゲットにしぼった営業活動が進められるようになります。

要するにアンケート機能を使うことで、顧客情報も蓄積できる利点も生まれるのです。

3. コンテンツの改善に利用する

今後も続けてウェビナーを開催していきたい場合もあるでしょう。そのときはウェビナーの内容そのものに対するアンケートをすることでより適切な運営へとブラッシュアップするのにも役立ちます。
「この部分がわかりづらかった」「本当はもっとこの内容が知りたかった」などの感想が集まれば、その意見をもとにウェビナーの進め方を改善していけるのです。

次回のコンテンツを練る場合、テーマ作りや構成方法などを、より多くの参加者に寄与したものへとアップデートできます。

ウェビナーツールの機能を使ったアンケートの進め方

ウェビナーツールの機能を使ったアンケートの進め方

それでは実際に、ウェビナーツールのアンケート機能はどのように使えるのか、また、具体的な操作性についても紹介していきます。

アンケートフォーム作成用のアプリを利用するのも1つの手ですが、ウェビナーツールについているのであれば、基本的には搭載されている機能を使うほうが便利でしょう。

なお細かな部分はツールごとに異なるため、ここでは大まかな流れをピックアップし説明していきます。

1. フォームを設置する

ウェビナーツールのアンケート機能では、簡単な設定のみで入力フォームを設けることが可能です。
当然ながら質問内容はユーザー側で決める必要があります。

決まった質問は、複雑な操作をしなくても、ボタン1つで参加者へと配布できるようになっています。

たとえば、ツール上に事前に設問をセットしておき、ウェビナー終了の画面に自動表示させるというような流れを手軽に作れるのです。

開催後のアフターフォローとして、お礼のメールにアンケートフォームを添付する方法もありますが、タイムラグがあるとどうしても参加者は回答が面倒になってしまいます。
そこでウェビナーの直後に回答できる仕組みにしておけば、回収率も高くなるでしょう。

2. 回答結果を集める

回答してもらった結果は、指定の場所に集まるように設定できます。
もしくは、管理画面などに反映される仕組みになっているツールもあります。

一定の箇所に回答を整理しておき、各データをまとめて集計、分析することで、今後に役立つ情報を抽出できるのです。
また、先ほどの流れのように、ウェビナー終了と同時に入力できるフローにすれば、事後のタイミングですぐにアンケート結果を集められます。

情報を収集する時間も短縮でき、よりタイムリーなデータ活用が可能です。

3. アンケート専用以外の機能を使う方法も

一般的に各ウェビナーツールには、アンケート以外にも参加者とのコミュニケーションが柔軟にできる機能が備わっています。
とくに代表的なのがチャット機能で、たとえばウェビナーの最中に簡単なアンケートをしたい場合にも活用できるでしょう。

またチャットのログが残せるものであれば、一時的な使い方に限らず、ウェビナー終了後にデータを収集することも可能です。
もちろん、十分な回答を得るには、アンケート専用の機能を使うほうがおすすめできます。

ただしウェビナーを進行するなかでのエッセンスとしてアンケートをしたい場合には、別の機能も臨機応変に利用していくのも良い方法でしょう。

ウェビナーのチャットについて、こちらの記事でも詳しく解説をしています。

ウェビナーチャット機能の使い方や有効活用するポイント | jinjerミーティング[ジンジャーミーテ ...
ウェビナーチャット機能の使い方や有効活用するポイント | jinjerミーティング[ジンジャーミーテ …
「ウェビナーの満足度を上げたい」という企業は、チャット機能の使い方を見直しましょう。主催者と参加者に一体感が生まれやすく …
www.calling.fun

ウェビナーのアンケート機能を有効活用する4つのコツ

ウェビナーのアンケート機能を有効活用する4つのコツ

ウェビナーツールにおけるアンケート機能は非常に便利ですが、当然ながら的確な使い方をしなければ、思うような効果は得られません。
アンケート機能によって有用なデータを得るには、設問の作り方も工夫する必要があるのです。

いくつかコツを押さえておくことで、今後の役に立つ情報を収集できるので、以下から詳しくみていきましょう。

1. 回答が集まりやすい設問にする

質問内容の意味がわかりにくかったり、そもそも答えるのが面倒であったりすると、参加者側の本心からくる回答が集められなくなってしまいます。
適当に答えられているアンケートでは意味がありません。

そうした事態を防ぐためにも、設問はできるだけ理解しやすく簡潔にしておくのがベストでしょう。
またできるだけチェック方式にする、二者択一ではなく選択肢の幅を広げておくなど、回答の手間が省けるようにしておくことも重要です。

2. 参加者の状況が把握しやすい内容で作成する

アンケートで参加者の傾向を知るためには、個人相手であれば年代や都道府県などの属性、法人であれば業種・企業規模といった、基本情報はきちんと把握できるようにしましょう。
さらに設問については、各参加者の意識や要望がわかるような、具体的な内容にすると良いでしょう。

たとえば、参加した目的を質問にすると「こんなことに悩んでいるから参加した」という表には出てこない姿勢が読み取れます。
少し設問の方法に手を加えるだけでも、集められるデータは大きく変わってくるので、アンケートによってどんなことが知りたいのか明確にしたうえで実施するのがベストです。

3. 参加前後で変化を比べる

ウェビナーの開催後に感想をもらうだけでなく、事前にアンケートを取っておくとよいでしょう。
たとえば、予約受付時にアンケートを取っておけば、参加したことでどのように意識が変わったのかを比較できます。

どんな内容のウェビナーであっても、参加前後の変化がわかれば、今後の営業方法に有効活用できるでしょう。

さらにコンテンツの内容を充実させていくためにも、ウェビナー開催前と後のアンケートが取れれば、どの部分を改善すべきなのか明確にできます。
ただし、ウェビナー前では回答を集めるのが難しいため、アンケートへの協力によって特典を追加するなど、何か一工夫を加える必要があるでしょう。

4. アンケートの結果を参加者に伝える

アンケートになかなか協力してもらえない背景には、その結果が回答者にとって何に役立つのかが不明確であるためです。
結局何に使われているのかわからないと、アンケートに回答する時間を無駄に感じてしまいます。

そう思われないようにするには「回答の結果を活用している」という事実をみせることが必要です。
たとえば、後日のフォローメールでアンケート結果が発表されたら、参加者それぞれも周りの意識を知り、自分の状況を把握できます。

またウェビナー中においても「じつはこんな回答結果が出たので、これについて解説します」などのように、アンケートを活かしていることを明確にすることで、より適切な回答を収集するのにつながるでしょう。

ウェビナーのアンケート機能は参加者に寄り添うために不可欠

ウェビナーのようなオンライン形式では、参加者と直接コミュニケーションを取るのがなかなか難しく、一方通行に陥りやすいです。
そのため、ツール上ではそういった部分を補うために、アンケートのような利便性の高い機能が搭載されています。

また、簡単な操作だけでアンケートの回答が集められるので、積極的に活用しない手はありません。
ぜひとも今回の記事を参考に、アンケート機能も含んだウェビナーの運営方法を考えてみてはいかがでしょうか。

<無料eBook>ウェビナーツール「jinjerウェビナー」がよくわかるサービス説明資料

jinjerウェビナー 瀬t明資料

jinjerウェビナーでは、大規模イベントに対応したウェビナーツール「jinjerウェビナー」を提供しています。jinjerウェビナーは1,000名対応のウェビナーツールです。社内での勉強会や、求職者に向けた会社説明会、大規模なオンラインイベントまで幅広くご利用いただけます。

本資料でわかること
  • jinjerウェビナーでは何ができるのか
  • どんな機能があるのか
  • セキュリティはどうなっているのか
  • 料金体系はどうなっているのか

jinjerウェビナーについて、以上の内容を説明する資料となっています。jinjerウェビナーを知るには、まずはこの資料からご覧ください。