テレワークで生産性は上がる?下がる?調査データと事例から読み解く

テレワークで生産性は上がる?下がる?調査データと事例から読み解く

新型コロナウイルス感染防止の観点からテレワークを導入する企業が増えています。緊急事態宣言が再発出されましたが、終息の目処は立ちません。日本政府は「世界最先端デジタル国家創造宣言」の中でテレワークを推奨し、「afterコロナ」を見据えた企業が今後もテレワークを導入していくと推測されます。ただ、テレワークで仕事の生産性は上がるのでしょうか。それとも下がるのでしょうか。

本記事では調査データや事例などを交えながら解説していきます。

テレワークで生産性はどうなるか

テレワークとは、在宅勤務を含むオフィス外で働く形態の総称です。ICT(情報通信技術)を駆使して、時間や場所の制限なく柔軟に働くことができます。そのため、テレワークは、オフィスに出社せず自宅・カフェ・レンタルオフィスなどで働くことも含みます。
企業によって導入しているテレワークの形態こそ異なりますが、テレワークが推奨される中で心配されているのが、その生産性です。

電話応対や急な来客対応等によって仕事が中断されず集中できる、気分転換や休憩などが自分のタイミングで適宜取れる、など生産性が上がるという声もあります。一方で、オフィス内のように気軽に相談や連絡ができず仕事がなかなか進まない、プロジェクトやタスク管理が煩雑になる、など生産性が下がるという声があることも事実です。

プログラミングやデザインなど一人で没頭して取り組める職種ではテレワークでも支障ありませんが、製造業や研究開発など専用の装置が必要な場合は、テレワークに向いていません。

このように、テレワーク時の生産性については賛否両論があります。それは、テレワークをしている人の業種や企業規模、テレワーク環境が整えられているかなど、勤務実態により捉え方や見え方が変わるからです。

テレワークで生産性が上がる

テレワーク総合ポータルサイトによれば、テレワーク時におけるチームの生産性に悪い影響を与えることはないと答えた人が9割近くいたと報告されています。また、同ポータルサイトによると、テレワーク勤務者はオフィス勤務者に比べて、仕事における集中時間が長いという調査報告もあります。

テレワーク勤務の実証実験の調査によると、「テレワーク勤務によってチームの生産性が向上した」と回答した人が29%、「テレワーク勤務によってチームの生産性は変化しない」と回答した人が58%と、9割近くがテレワーク勤務は生産性に悪い影響を与えることはないと考えています。

(中略)

1日のうち「業務に集中できる時間はどれくらいですか?」という設問に6割以上と回答した人の人数は、テレワーク勤務者がオフィス勤務者の1.8倍だったことからも、テレワーク勤務はむしろ生産性を高める効果があります。

引用:テレワークを導入すると生産性が落ちませんか。|テレワーク総合ポータルサイト

以上のことから、テレワークにおけるチーム生産性に悪い影響はなく、勤務時間における集中力の持続にも良い影響を与えることがわかります。

また、総務省が公表している「平成28年通信利用動向調査」においては、テレワークの導入企業と未導入企業とで生産性に1.6倍の差が見られたと報告されています。[注1]

テレワークを導入していない企業の労働生産性は、1社あたり599万円であるのに対して、テレワークを導入している企業の労働生産性は、1社あたり957万円です。1社あたり358万円(1.6倍)の差はとても大きいです。

それでは、テレワークを導入した企業で、具体的にどのように生産性が向上したのかについて事例を2つご紹介します。

1.日本航空株式会社

テレワークを間接部門に導入することで、仕事の効率化を達成した企業に日本航空株式会社(以下、JAL)があります。[注2]

JALは2015年4月から在宅勤務制度を導入し、2017年4月から自宅以外での場所でも勤務可能な制度へ変更しました。現在では週に2日のテレワークを認め、フレックス勤務制度とも併用することで、労働者が時間や場所を有効に活用して働ける環境が整えられています。

テレワークの活用に伴い、社内固定席のフリーアドレス化やペーパーレス化に積極的に着手し、RPA(ロボットの業務自動化:Robotic Process Automation)を用いた定例業務のプロセス改革にも取り組んでいます。

また、社員の余暇や家族と過ごす機会を増やすため、ワーケーションという先進的な取り組みにも着手しています。ワーケーションとは、仕事(work)と休暇(vacation)を組み合わせた造語のことです。リゾート地や地方などでテレワークを実施する働き方で、長期休暇や旅行などの前後に取得することで、地域活動への参加や家族旅行に十分な時間を取れることで注目されています。

このようなテレワーク導入とそれに伴う改革により、時間外・休日労働時間の月間平均は2016年の12.1時間から、2017年は7.9時間に減少するなど、労働者の生産性は大きく向上しています。

2.株式会社ベネッセホールディングス

生産性向上を目的として、コロナ禍以前よりテレワーク導入を推進してきた株式会社ベネッセホールディング(以下、ベネッセ)。[注3]

同社には、移動時間や通勤に要する時間を極力減らし、部分在宅の活用などを推奨することで生産性を高める『テレワーク@Home』制度があります。

『テレワーク@Home』を実践し、社員一人ひとりが楽しく働き、会社への更なる貢献につなげようという期待が込められています。同制度においては、月5日まで取得できる終日在宅勤務と月の取得日数制限がない部分在宅勤務があります。また、終日在宅勤務を利用する場合には基本的に残業ができません。限られた時間の中で業務を終えられるように、業務効率を強く意識した仕組みとなっています。

事例として紹介したベネッセもJALも、福利厚生制度としてではなく、労働者の生産性向上を目的としてテレワークを導入しました。通勤時間の削減、育児や介護との両立など感じるメリットは個人ごとに違いますが、限られた時間で集中してアウトプットを出せる点については共通しています。

テレワークで生産性が下がる

一方、テレワークによって生産性が下がるという意見があることも事実です。ソフトウェア大手のアドビ株式会社が実施した調査によると、回答した日本人のうち、じつに43%が生産性が下がったと答えました。

日本人で「生産性が上がった」のは21%にとどまっていて、逆に「生産性が下がった」のは43%もいることが、アドビの調査で分かった。

引用:「在宅勤務は生産性が下がる」43%、その理由は?(1/2)|IT Media ビジネス ONLINE

こちらの調査は、米国人と日本人に在宅勤務時における生産性について尋ねたものです。日本人で生産性が下がったと回答した人は、その理由を「勤務環境が整っていない」(68%)、「集中しづらい」(46%)、「同僚からの協力が得られにくい」(33%)としています。

また、リクルートキャリアの調査では、テレワーク勤務を経験した労働者のうち、コロナ禍以前にはなかったストレスを感じ、いまだに解消できず抱え込んでいる人が多くいることがわかりました[注4]

これら生産性の低下やストレス増加は、以下のような原因が考えられます。

  • 業務進捗が見えにくく、勤務実態がつかめないこと
  • 業務終了のタイミングがわかりにくいこと
  • 同僚とのコミュニケーション不足やチームメンバーとのやり取りが大きく減ったこと
  • 協働していた業務内容が分断され、他者からのフィードバックがなくなったこと

テレワークで生産性を上げる3つのポイント

テレワークで生産性を上げる3つのポイント

生産性が下がった大きな要因に、業務進捗や勤務実態の不透明さ、コミュニケーション不足、業務の情報共有不足、などが目立ちました。これらを解決するために具体的なポイントを3つご紹介します。生産性が下がったと感じた人だけではなく、より生産性を上げたい方にも活用いただけます。

ポイント1.勤怠管理システム

テレワークは、いずれも自宅もしくはコワーキングスペースなどオフィス以外で業務開始または終了します。従業員の出勤・退勤の管理を上司へのメールや電話でおこなう企業もありますが、部下を多く持つマネージャーは管理が煩雑で、また、外出先での対応が困難です。そこで、勤怠管理システムを導入し、インターネットを介して出退勤打刻する、PCのログオン・オフで管理できる環境を整えてみましょう。

1.インターネットで出退勤打刻

会社貸与のPCや個人のスマートフォンなどから、インターネットを経由して、勤怠管理システムへ出勤・退勤の打刻をします。労働時間や休憩時間などもテレワーク勤務者が入力する仕組みがあれば、勤怠と給与の労務管理面でも大きな業務効率化が見込めます。

2.PCのログオン・オフで管理

個人ごとにPCが割り当てられていることが前提となりますが、PCのログオン・オフを勤怠システムと連携させることで、労働時間の管理が容易になります。テレワーク勤務者は、PCを立ち上げれば上司へ始業連絡をする必要はありませんし、終業時も同様です。

勤怠管理システム導入のまとめ

以上のように、勤怠管理システムを導入することで、業務の開始・終了のタイミングを明確にし、勤務実態を可視化できます。また、労働時間や休憩時間の管理は労基署調査で客観的な事実を求められた際に役立ちますので、システム導入で解決を図りましょう。

ポイント2.情報共有ツール

同僚とのコミュニケーション不足を解消し、協働業務で互いにフィードバックをするために、情報共有ツールを導入しましょう。気軽に連絡を取れるチャットツールや業務進捗を顔を見ながら報告・相談できるWeb会議ツールを積極的に導入し、円滑なコミュニケーションと情報共有を実現できます。

<チャットツール>

  • ChatWork
  • Slack

<Web会議ツール>

  • Zoom
  • Google Meet
  • jinjerミーティング

情報共有ツールを利用する場合でも、コミュニケーションを取るうえで大切なのは意思疎通です。会議室での打ち合わせやオフィス内での立ち話がなくなり、対面時のようなニュアンスや雰囲気が伝わらず、お互いの認識にズレが生じないように工夫する必要があります。

工夫すべきこと1.チャットを活用

チャット機能を存分に活用して、普段の雑談に近い感覚でコミュニケーションを取りましょう。資料や業務引き継ぎにおける、細かいニュアンスの確認をする際に、メールや電話ほどかしこまらずにやり取りすることができます。

個人間の情報共有だけではなく、部・課・プロジェクト単位のグループを作成するなど用途に応じて使い分け、素早くレスポンスすることで一緒に働いているという感覚が得られます。

工夫すべきこと2.積極的にリアクションする

テレワークでは、パソコンの画面だけを見て1日が終わるなど、他者からの反応がないこともあります。そのため、Web会議やオンラインミーティングの際は積極的にリアクションすることで、相手に反応を伝えることができます。例えば、うなずく回数を増やす、笑顔を多めにするなど、事務的なやり取りにならないことが大切です。

工夫すべきことのまとめ

いずれのサービスも利便性が高く多数の企業で採用されています。自社に合う機能や料金などを確認のうえ導入を検討してみましょう。そして、情報共有ツールの導入はコミュニケーション不足を解消する救世主的存在ですが、意思疎通するうえではお互いに認識のズレがないように工夫する点にも留意しましょう。

ポイント3.テレワーク時における習慣づくり

業務終了のタイミングがわからずに残業したり、モチベーションを保つことができない点もテレワークの課題といえます。出勤時はモーニングルーティンが決まっており、出社後もスケジュール通りに仕事を進めますが、テレワーク時は全て自分のペースである反面、オンオフの切り替えが難しいものです。

実際にテレワーク勤務を取り入れるソフトバンク。オン・オフを切り替えるための手段に関するアンケートを実施したところ、以下のような結果が得られたようです。[注5]

1位 服を着替える
2位 PCやスマホなどを片付ける
3位 軽い運動する

いずれも簡単なことだと感じますが、共通するのは「切り替え」です。
つまり、「今から仕事をするぞ」という切り替えの習慣・スイッチこそが重要なのです。

どんなことでも良いので、ご自身のオンとオフを切り替える習慣を作ってみましょう。

テレワークを活用して効率のいい仕事を

テレワークは、限られた時間で集中することでアウトプットできるメリット、コミュニケーションやフィードバックが不足するデメリットを合わせ持っているため、生産性が上がることも下がることも事実です。

デメリットを補えるツールや制度を導入し、メリットを最大限発揮できるようテレワークを活用しましょう。

[注1]平成28年通信利用同行調査「Topic3 ICTと労働生産性」|総務省
[注2]日本航空株式会社|厚生労働省
[注3]株式会社ベネッセホールディング|厚生労働省委託事業 テレワーク宣言応援事業
[注4]新型コロナウイルス禍における働く個人の意識調査|リクルートキャリア
[注5]社員がテレワークで実践中。オンオフ切り替え方法やコミュニケーションのちょっとした工夫を紹介します|ソフトバンクニュース

<無料eBook>Web会議システム「jinjerミーティング」がよくわかるサービス説明資料

jinjerミーティング サービス説明資料

Web会議システムの運用に不安はありませんか。この資料では、jinjerミーティングの特長や、充実の機能、万全のセキュリティ、活用方法などを紹介します。

本資料でわかること
  • サービスの内容
  • jinjerミーティングでできること
  • セキュリティ
  • jinjerミーティングの料金体系

すぐにつながる国産Web会議システムのjinjerミーティングでは、ビジネスコミュニケーションを支援するプロダクトを提供しています。jinjerミーティングを知るには、まずはこの資料をご覧ください。

この記事を書いた人
jinjerミーティングマガジン 編集部
jinjerミーティングマガジンは、Web会議システム「jinjerミーティング」が運営するオウンドメディアです。「Web会議から始めるテレワーク」をテーマに、テレワーク・リモートワークに役立つ情報をお届けします。「テレワークを始めたい」「リモートワークをうまく活用したい」「社内のDX化を推進したい」という悩みを抱える方が一歩を踏み出せるよう運営してまりいます。

関連してる記事