「テレワーク」と「リモートワーク」の違いを分かりやすく解説

「テレワーク」と「リモートワーク」の違いを分かりやすく解説

働き方改革の一環として政府が推奨してきたものがテレワークです。2020年には新型コロナウイルス感染症対策の面でも改めて注目され、テレワークがより身近なものとなりました。

それとは別に、近頃ではリモートワークという言葉も広く認知されています。このテレワークとリモートワーク、似たような言葉ということもあり、混同している方も多いでしょう。

よって本記事では、テレワークとリモートワークの違いを解説します。

テレワークとリモートワークに明確な違いはない

テレワークとリモートワークについて、それぞれの単語の意味から捉えると大きな違いはありません。

テレワークはtele(=離れた)とwork(=働く)を組み合わせた造語、一方のリモートワークはremote(=遠隔・遠い)とwork(=働く)なので、どちらもオフィスから離れた(遠い)場所で働くという意味です。

2つの言葉が混同されてしまう理由として、そもそも単語の意味に違いがないことが挙げられます。しかし、だからといってテレワークとリモートワークはまったく同じ言葉ではありません。じつはテレワークには言葉の定義があり、リモートワークには定義がないという違いがあるのです。

テレワークとリモートワークの違いは定義の有無

テレワークとリモートワークの違いは定義の有無

テレワークは、厚生労働省の関連組織である一般社団法人日本テレワーク協会によって、以下のように定義されています。

テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

引用:テレワークとは|日本テレワーク協会

また同協会によりテレワークの勤務形態は「在宅勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィス勤務」の3つに定められています。これはオフィス以外であったとしても、働く場所は決められているということです。このことから、テレワークとはICTを駆使してオフィス外の特定の場所で働く勤務形態であることがわかります。

一方、リモートワークは近年になり自然発生的に使われるようになった言葉で、特定の働き方を指す明確な定義はありません。言葉本来の意味のとおり遠い場所で働くこと全般をリモートワークと呼ぶことができます。

  • テレワーク:ICTを駆使してオフィス外の特定の場所で働く勤務形態
  • リモートワーク:オフィス以外で働くこと全般を指す

テレワークにおける3つの働き方

テレワークで定められている3つの勤務形態、在宅勤務・モバイルワーク・サテライトオフィス勤務について説明します。

1. 在宅勤務

在宅勤務はオフィスに出社せずに自宅を仕事場とする勤務形態です。勤務時間中は原則として自宅にいることが求められ、電話やメール、FAXなどを利用して会社と連絡を取り、業務を進めていきます。

メリットは育児や介護などの理由で、自宅から長時間離れることが困難な人でも仕事に従事できることです。職種によっては業務に耐えられるインターネット回線が必要なこともあります。

2. モバイルワーク

モバイルワークはノートパソコンやスマートフォンなどを駆使し、顧客先への滞在中や移動中に仕事をすることを指します。外回りの途中にお気に入りのカフェで仕事をすることもモバイルワークに含まれます。

外出先で仕事をする為、Wi-Fiなど屋外で利用できるインターネット回線が必須です。都心部では無料のWi-Fiスポットも増えていますが、セキュリティー面を考慮すれば専用の回線を利用することが望ましいでしょう。

3. サテライトオフィス勤務

サテライトオフィスとは、組織運営の機能が集中する本来のオフィスとは別に、離れた場所に設けられたオフィスのことです。レンタルオフィスのほか、近年では個人で利用できるコワーキング・スペースも人気があります。

在宅勤務やモバイルワークと違い、サテライトオフィスではインターネット設備や仕事に集中できる環境が整っています。一社専用のサテライトオフィスを設置すれば、専用回線を引いてイントラ(社内限定の通信網)に接続することも可能です。

リモートワークの中の多様な働き方

リモートワークの中の多様な働き方

リモートワークから派生した新しい働き方を示す言葉も生まれています。ビジネス会話の中で使用されることもあるので、それぞれの言葉の意味を押さえておきましょう。

ハイブリッド・リモートワーク

オフィス勤務とリモートワークを組み合わせた働き方です。特定の曜日だけオフィスに出社する場合や必要に応じて出社する場合があります。

フルタイム・リモートワーク(フルリモート)

ハイブリッド・リモートワークの対義語としてフルタイム・リモートワークがあります。原則オフィスへの出社はせず、リモートワークのみで完結させる働き方です。

テンポラリー・リモートワーク

こちらもオフィス勤務とリモートワークを組み合わせた働き方です。ハイブリッド・リモートワークと違い、基本はオフィス勤務としつつも、必要に応じてリモートワークに切り替えます。家庭の事情などで一時的に在宅ワークをする場合などもこれに当たります。

テレワークとリモートワークは相手に合わせて使い分ける

2つの言葉を使い分けるのであれば、相手に合わせることが一番わかりやすく、確実な方法です。すべてに当てはまるわけではありませんが、組織の種類によって使われる言葉の傾向が異なります。テレワークとリモートワークがそれぞれどのような組織で使われる傾向にあるのか覚えておくことで、使い分けもしやすくなるでしょう。

テレワークは政府、公的機関、大企業で使われる傾向にある

テレワークを使用する傾向が強い組織は政府や各省庁といった公的機関、そして大企業です。とくに公的機関に関しては政策や助成金の名称にもテレワークという言葉を用いています。

日本でテレワークという言葉が使用されるようになったのは1980年代頃からです。それから30年以上にわたって使われ続けた言葉なので、公的機関や大企業は慣習的にテレワークを使用することが多いようです。

IT企業やフリーランスにはリモートワーク

リモートワークを用いる傾向にあるのはIT系やクリエイティブ系など、新しい風潮を好む企業です。またフリーランスで働く人や、従来の概念に捕らわれない新しい働き方をしている人に対しても、幅広い解釈を持つリモートワークを用いるのが適切です。

カジュアルな会話であればリモートワーク

普段の会話の中では言葉の意味が広いリモートワークを使用しておけば、まず間違いないでしょう。最近ではリモート会議やリモート飲み会、リモート帰省など、リモート○○という言葉が一般的に使われるようになりました。テレワークよりリモートワークのほうがカジュアルで親しみを感じるかもしれません。

使い分けに明確な基準はない

テレワークとリモートワークの使い分けについて、明確な基準が決められているわけではありません。実際には意識的して使い分けなければいけない場面も少なく、言葉の使い方に関してそこまで細かく気にしなくてもよい、というのが本当のところです。

しかし、言葉の違いを知っておくことで、シーンに合わせてどちらがより相応しいのか判断できます。テレワークとリモートワークの使い分けは、相手の立場やその場の雰囲気に合わせて使い分けていきましょう。

テレワーク・リモートワークを導入するうえでの3つポイント

テレワーク・リモートワークを導入するうえでの3つポイント

テレワークやリモートワークを導入することで、社員の働き方は大きく変化します。それにともない社内制度も柔軟に対応させていかなければ、社員の不満を招いてしまうこともあるでしょう。

ここではテレワーク・リモートワークを導入する際に気を付けたい3つのポイントを紹介します。

1. 福利厚生制度の見直し

在宅勤務を始めるに当たり、社員には自宅で仕事をするための環境整備という負担が発生します。Webカメラなど機材の導入や、場合によってはデスクの購入が必要になることもあるでしょう。また、在宅時間が増えることにより、電気代、水道代、通信費なども増大することが考えられます。

一方でオフィスへの出勤がなければ交通費の支給は必要性がなくなります。在宅勤務の開始に合わせて従来の福利厚生を見直し、適切に社員をサポートできる体制を整えましょう。

2. 仕事の割り振りや評価制度の見直し

リモートでの勤務を開始するに当たり、仕事の割り振り方や人事評価の制度を見直す必要も出てくるでしょう。とくに気を付けたいのは以下の2点です。

  • 社員ごとの役割や業務内容を明確にする
  • 人事評価は過程ではなく結果を重視する

日本の企業では大きな目標に対して大人数で協力しながら業務に当たることが多い為、社員一人ひとりの仕事内容、責任の範囲が曖昧になりがちです。これをそのままテレワークに持ち込むと自分の判断で業務を進めることができず、作業効率が低下してしまいます。

あらかじめ上長が社員一人ひとりに役割を与えたり、期日内にやるべき作業を明確にして指示を出したりする工夫が必要です。また人事評価の面では、仕事の過程や業務に取り組む姿勢を把握することができないので、仕事の成果や数値を重視した評価制度が必要になります。

3. クラウドサービスの導入


リモートでの仕事を円滑に進める為には、メールだけではなくグループチャットやオンラインミーティングの環境整備が必須です。現在幅広く利用されているクラウドサービスには以下のようなサービスがあります。

<チャットツール>

  • ChatWork
  • Slack

<Web会議ツール>

これらは多くの企業で採用されていることから汎用性が高く、社外の関係者とのやり取りにも役立つでしょう。原則無料で使用することもできますが、法人向けの有料契約をすることで機能拡張をおこなうこともできます。それぞれの料金や機能を確認し、導入を検討してみましょう。

テレワークとリモートワークを適切に使い分けよう

在宅勤務が一般化した現在では、テレワークとリモートワークを混同して使用している人は多いでしょう。しかし、言葉の背景を細かく見ていくことで、その定義や使うべき相手に違いがあることが見えてきます。

テレワークとリモートワーク、それぞれの特徴を理解して、適切に使い分けましょう。

<無料eBook>Web会議システム「jinjerミーティング」がよくわかるサービス説明資料

jinjerミーティング サービス説明資料

Web会議システムの運用に不安はありませんか。この資料では、jinjerミーティングの特長や、充実の機能、万全のセキュリティ、活用方法などを紹介します。

本資料でわかること
  • サービスの内容
  • jinjerミーティングでできること
  • セキュリティ
  • jinjerミーティングの料金体系

すぐにつながる国産Web会議システムのjinjerミーティングでは、ビジネスコミュニケーションを支援するプロダクトを提供しています。jinjerミーティングを知るには、まずはこの資料をご覧ください。

この記事を書いた人
jinjerミーティングマガジン 編集部
jinjerミーティングマガジンは、Web会議システム「jinjerミーティング」が運営するオウンドメディアです。「Web会議から始めるテレワーク」をテーマに、テレワーク・リモートワークに役立つ情報をお届けします。「テレワークを始めたい」「リモートワークをうまく活用したい」「社内のDX化を推進したい」という悩みを抱える方が一歩を踏み出せるよう運営してまりいます。

関連してる記事