セキュリティ

セキュリティへの取り組み

  • すべての通信を暗号化
    jinjerミーティングで使用しているすべての通信はTLS暗号によって暗号化されています。
    悪意のある第三者によってデータが盗聴・改ざんされることがないように、万全の対策をおこなっています。
  • パスワード強度を自由に設定
    jinjerミーティングでWeb会議ルームを立ち上げるときは、必ずパスワードを設定する必要があります。
    パスワードは6文字以上を必須としており、数字・アルファベット・記号を使用することができるため、利用者がパスワードの強度を自由に設定できます。
  • Web会議URLは推測困難
    jinjerミーティングで、Web会議ルームを立ち上げると、自動でルームIDが付与されます。このルームIDはアルゴリズムにより生成されており、第三者による特定が困難なものとなっています。
  • 信頼性の高いクラウドサービス
    jinjerミーティングは、Amazon社が提供するAmazon Web Services(AWS)を利用しています。
    AWSは、堅牢なセキュリティを備え、信頼性の高いクラウドサービスです。 クラウドセキュリティ | AWS
  • アクセス元IPアドレス制限
    jinjerミーティングでは、ご要望に応じて、アクセス元IPアドレスの制限に対応しています。
    詳細はこちらからご確認ください。 こちら
    ※jinjerミーティングは、ネット環境さえあればWeb会議ができる点が魅力です。そのため、原則としてアクセス元のIPアドレスを制限することは推奨しておりません。
  • 24時間監視
    jinjerミーティングでは、24時間、監視体制を強化しています。万が一、障害が発生したときも迅速に復旧ができる体制を構築しており、皆様にいつでも安心してご利用いただける環境を整えています。

よくある質問

セキュリティ

  • どのようなセキュリティ対策をおこなっていますか?

    jinjerミーティングは、信頼性の高いクラウドサービス(AWS)で運用されており、すべての通信を暗号化しています。また、ルームごとにパスワードを設定することができ、その強度は自由に設定することができます。

    万が一、障害が発生したときも迅速に復旧できるよう、24時間の監視体制を整えています。
    jinjerミーティングのセキュリティに対する取り組みはこちらをご覧ください。

    セキュリティについて

  • アクセス元のIPアドレス制限はできますか?

    jinjerミーティングは、アクセス元のIPアドレス制限に対応しています。
    アクセス元のIPアドレスを制限する場合、所定の手続きをお願いしております。
    詳細はこちらをご確認ください。

    アクセス元のIPアドレスを制限することはできますか。 | サポートサイト

  • セキュリティは安心ですか?

    通信は全て暗号化されています。
    また、ルーム毎にパスワードを設定することができるため、参加者を限定することができます。