Calling 利用規約

この規約(以下、「本規約」といいます。)は株式会社ネオラボ(以下、「弊社」といいます。)が提供する「Calling(コーリング)」製品およびサービス(以下、「本サービス」といいます。)の利用の諸条件を、本サービスの利用者(以下、「ユーザー」といいます。)と弊社との間で定めるものです。なお、弊社が本サービスに関して別途定める利用ルール、ガイドライン、マニュアル等につきましては本規約の一部を構成します。

第1条 定義

本規約では、以下の用語を使用します。

  • 1.「本サイト」とは、本サービスに関して弊社が運営するウェブサイトを指します。
  • 2.「ワークスペース」とは、本サービスを提供するために、弊社がユーザーとなる企業、組織等のグループに対して割り当てる領域を指します。
  • 3.「スペースID」とは、本サービス提供時にワークスペースに対して発行されるIDを指します。
  • 4.「管理者」とは、ワークスペースを管理する全権限の所有者を指し、当該権限を管理者アカウントといいます。
  • 5.「企業ユーザー」とは、管理者によりワークスペースを利用する権限を割り当てられたユーザーを指します。
  • 6.「ユーザー」とは、トライアルであると有料プランであるを問わず、本サービスの利用者を指します。
  • 7.「トライアル」とは、本サービスにおける有料プランの利用を検討するために、無料で試験利用することを指します。

第2条 規約への同意

  • 1.本規約は、全てのユーザーに適用されます。本規約に同意いただけない場合は本サービスを利用することはできません。
  • 2.ユーザーは、本サービスを利用することによって本規約に有効かつ取消不能な同意をしたものとみなします。
  • 3.本規約は、弊社の都合により予告なく変更される場合があります。変更後の規約はこれを本サイトに掲載した時点から効力が発生するものとし、ユーザーはこれに異議なく使用を継続した場合、本規約の変更に同意したものとみなします。

第3条 本規約の変更

  • 1. 弊社は、本規約をいつでも任意で変更することができ、ユーザーはこれを承諾するものとします。
  • 2. 弊社が別途定める場合を除き、本規約の変更は本サイトへの掲載によって随時ユーザーに公表するものとし、当該掲載をもって効力が生じます。
  • 3. ユーザーが本規約の変更に同意しない場合、ユーザーは、弊社所定の解約手続きによって契約を終了させることができます。
  • 4. 他の規定にかかわらず、本規約が変更された場合において、法令等に基づきユーザーに変更後の利用規約について承諾を求めることがあります。

第4条 利用契約

ユーザーは、本サービスの利用にあたり、本規約に同意したうえ、弊社所定の方法により本サービスの申込みを行い、スペースIDの登録を行うものとします。利用契約(トライアル契約または有料プラン契約)は、本サービスを利用するためのスペースID及びパスワードの登録日をもって利用開始日として成立し、本規約を適用するものとします。

第5条 トライアル 

  • 1. 本サービスにはトライアル期間が設けられており、トライアル期間は利用開始日より30日間とします。
  • 2. トライアル期間が満了する日までに、ユーザーによる有料プランへの申込みがない場合、弊社は当該スペースIDの利用を、トライアル期間が満了した日(以下、「トライアル終了日」といいます。)の翌日から30日間、一時停止するものとします。
  • 3. 前項の場合において、トライアル終了日より30日間、ユーザーによる有料プランへの申込みがない場合、弊社は当該スペースIDを削除するものとします。

第6条 有料プラン

  • 1. ユーザーが前条に定めるトライアルを経て、弊社所定の方法により本サービスの有料プランへの申込み手続き完了メールに記載されているサービス開始日を有料プランのサービス開始日とします。
  • 2. 有料プランの申込み手続きを実行した後は、ユーザーが本サービスを利用しない場合であっても有料プランは開始され、有料プランサービス開始日以降は第11条所定の料金が発生します。

第7条 利用制限

弊社は、次の各号の一に該当するときは、具体的な理由を告げず、本サービスの利用をお断りする場合があります。

  • (1) ユーザーが虚偽の事実を申告した場合
  • (2) 過去に本規約その他本サービスに関連する契約に違反したことを理由に、何らかの処分を受けた者である場合
  • (3) 弊社が提供する他のサービスにおいて何らかの処分を受けたことがある場合
  • (4) ユーザー又はその関係者が暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力その他これらに準ずる者(以下「反社会的勢力等」といいます。)、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っていると弊社が判断した場合
  • (5) その他弊社が不適切と判断した場合

第8条 ユーザーについて

  • 1. ユーザーは、本サービスを利用するために必要なスペースIDを作成し、管理者アカウントにより、本サービスを利用することができる企業ユーザーを登録又は削除することができます。
  • 2. ユーザーは、弊社が予め定める範囲において、スペースIDに紐付くユーザーのIDを発行し、利用させることができます。
  • 3. ユーザーが未成年の場合、事前に親権者等の法定代理人による包括的な同意を得た上で本サービスを利用しなければなりません。
  • 4. ユーザーが本サービスを利用するために必要となる設定作業は、ユーザー自身の責任において行われるものであり、弊社はこれらの作業によりユーザー又は第三者に発生した費用、損害その他経済的負担について一切責任を負わないものとします。

第9条 本サービスの中断等

  • 1. 弊社は、本サービスの提供に必要な設備の定期点検又は本サービスの定期バージョンアップを行うため、ユーザーに事前に通知の上、本サービスの提供を一時的に中断できるものとします。
  • 2. 弊社は、次の各号の一に該当する場合には、ユーザーへの事前の通知又は承諾を要することなく、本サービスの提供を中断又は終了することができるものとします。
  • (1) 本サービスの提供に必要な設備の故障等により保守を行う場合
  • (2) 運用上又は技術上の理由によりやむを得ない場合
  • (3) 前各号の他天災地変等、不可抗力により本サービスを提供することができない場合

第10条 ユーザー情報の取り扱い

  • 1. 弊社によるユーザー情報の取り扱いについては、弊社が別途定めるプライバシーポリシーの定めによるものとし、ユーザーは当該プライバシーポリシーに従って弊社がユーザーの情報を取り扱うことについて同意するものとします。
  • 2. 弊社は、ユーザーが弊社に提供した情報及びデータ等を、個人を特定できない形での統計的な情報として、弊社の裁量で、利用及び公開することができるものとし、ユーザーはこれに異議を唱えないものとします。

第11条 利用料金及び支払方法

  • 1. ユーザーは、弊社が別途定める本サービスの利用料金に消費税等を加えた金額を、弊社指定の方法により支払うものとします。
  • 2. 弊社は、特段の事情がない限り受領した利用料金を返還しないものとします。
  • 3. 弊社は、ユーザーに対して事前に通知を行うことで、弊社が合理的であると考える範囲における利用料金の改定又は部分的変更を行うことができるものとし、ユーザーは、利用料金の改定又は変更後の利用料金を弊社の指定する方法により支払うものとします。
  • 4. ユーザーが支払期限までに利用料金及びその消費税等を支払わない場合、弊社はユーザーに対しアカウントの使用を停止することができるものとします。
  • 5. 本サービスの利用料金の支払方法は、当社の承認した決済事務代行サービス会社(以下「決済代行会社」といいます)の発行する請求書等の内容に従って、当該決済代行会社が定める方法等に基づき支払う方法とします。代理店経由で本サービスを契約した場合には、ユーザーは当該代理店との間で選択した決済方法に従うものとします
  • 6. ユーザーは、クレジットカード、Paid決済(法人・個人事業主用掛け売り決済)のいずれかの決済方法を選択できるものとします。
  • (1)クレジットカードで支払うユーザーは、利用料金の決済処理は、ストライプジャパン株式会社(以下「Stripe」といいます)が提供し、Stripe Connectアカウント契約(Stripe利用規約を含み、総称して「Stripeサービス契約」といいます。)に従うものとします。なお、ユーザーは、弊社およびStripeがStripeサービスを提供できるようにするために、弊社に対して登録ユーザーの利用者情報その他必要な情報を正確かつ完全に提供することに同意し、また、当社がStripeに対し当該利用者情報およびStripeサービスの使用に関連する取引情報を共有することを承諾するものとします。
  • ■Stripe利用規約:https://stripe.com/jp/legal
  • (2)Paid決済は「株式会社ラクーン」が提供する「法人又は個人事業主のお客様用の掛売り決済サービス」です。Paid決済(法人・個人事業主用掛け売り決済)は下記Paid利用規約にご了承頂いたユーザーのみ選択できるものとします。Paid決済を選択した場合、有料プランサービス開始と同時にその利用料金の支払い請求権は「株式会社ラクーン」に譲渡されます。
  • ■Paid利用規約:http://paid.jp/v/contents/pre/guide/rules.jsp

第12条 再委託

弊社は、本サービスの運営にかかる全部又は一部を第三者に再委託することができるものとし、この場合、本規約及び本サービスに関連する契約において定める弊社と同等の義務を第三者に負わせるものとします。

第13条 権利義務譲渡

  • 1. ユーザーは、弊社が予め同意しない限り、本サービス上の地位並びに本規約及びその他の関連する契約において発生する権利又は義務の全部又は一部をほかに譲渡してはならないものとします。
  • 2. 弊社は、ユーザーが利用料金その他の支払いを、支払期限を経過しても支払わない場合、本規約及び本サービスに関連する契約に基づき生じたユーザーに対する権利について、第三者に譲渡することができるものとし、ユーザーは、これについて予め同意するものとします。
  • 3. 弊社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合、当該事業譲渡に伴い本規約及び本サービスに関連する契約上の地位、権利及び義務並びに顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第14条 知的財産権等

  • 1. 弊社は、本サービス又はコンテンツ (ストーリー、記事、テキスト、画像等を含みます。) に関する著作権 その他の知的財産権を含む全財産権を保持しており、弊社より使用が許諾されたライセンスを除いて、本サービス及びあらゆるコンテンツに関する権利、権限又は利益は、ユーザーに付与されるものではありません。
  • 2. 本サービスの使用に伴い、第三者からユーザーに対して著作権その他の知的財産権の侵害を理由とした申し立てがなされた場合でも、原則として弊社は責任を負わないものとし、ユーザー又は第三者に発生した損害に対しては、当事者において負担するものとします。

第15条 ID・パスワード管理等

  • 1. ユーザーは、本サービスを利用する際に発行されたID(スペースID・企業ユーザーID)及びこれに対するパスワードの使用及び管理について一切の責任を負うものとします。
  • 2. 弊社は、ユーザーのID及びこれに対応するパスワードが他者に使用されたことによってユーザーが被る被害については、ユーザーの過失の有無を問わず責任を負いません。弊社は、登録されたパスワードを利用して行われた一切の行為を、ユーザーご本人の行為とみなすことができます。
  • 3. ユーザーは、ID及びこれに対応するパスワードが第三者に不当に使用されたことを知った場合、速やかにその旨を弊社に連絡するものとします。
  • 4. 弊社は、ユーザーが本規約に違反し又は違反する恐れがある場合、予めお客様に通知することなくアカウントを停止又は削除することができます。

第16条 ストレージ容量等

  • 1. 本サービスで提供されるストレージの容量は、スペースIDごとに弊社が予め定める基本容量とします。
  • 2. 前項に定める容量を超えて、ユーザーがストレージを利用する場合、追加の料金を請求します。
  • 3. 本サービス上に保存されるデータについては、ユーザーが自己の責任において記録、保存管理を行うものとし、データの紛失又は消滅等により生じた損害について弊社は責任を負わないものとします。

第17条 禁止行為

ユーザーは、本サービスの利用にあたり、次の各号の一に該当する行為をしてはならないものとします。ユーザーが本規約に違反した又は違反する恐れがある場合、弊社はユーザーに予告なくアカウントの利用を停止又は削除することができます。

  • (1) 本サービスの内容を改ざん、又は逆コンパイラ、リバースエンジニアリングその他の方法によりソースコード等を抽出する行為
  • (2) 弊社又は第三者の営業秘密、プライバシー、信用、著作権その他の知的財産権を侵害する行為
  • (3) 法令等に違反するコンテンツ、わいせつ・脅迫的なコンテンツ、ウィルス等に汚染されたデータ等を配布又は送信可能な状態に置く行為
  • (4) 弊社又は第三者が必要としない広告、スパム、チェーンメール等の勧誘情報の提供行為
  • (5) 発行したID等を不正に第三者に譲渡又は貸与すること
  • (6) 弊社の本サービス又は事業の運営・維持に支障を与える行為
  • (7) ユーザーのID等を不正に使用すること
  • (8) 権利保護されているコンテンツや、許可されないサイトにアクセスをするために利用する行為
  • (9) 犯罪行為に結びつく行為
  • (10) その他、公序良俗に反し、又は他人に不利益を与える行為
  • (11) 反社会的勢力等に該当する行為
  • (12) その他、法令等に違反する行為
  • (13) 前各号の他、弊社が不適切と判断する行為
  • (14) 本サービスにおいて、「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」に定める個人番号を登録・保管し、または本サービスを通じて個人番号を利用等する行為
  • (15) 本サービスと類似する製品もしくはサービスの開発、ベンチマークのために本サービスを利用する行為等、弊社の業務に影響を及ぼす行為

第18条 契約解除等

弊社は、ユーザーが次の各号のいずれかに該当した場合は、事前の通知を要せず直ちに利用契約の全部又は一部を解除できるものとします。この場合、ユーザーは当然に期限の利益を失い、弊社に対して負担する一切の金銭債務を直ちに履行するものとします。また弊社は、ユーザーが本規約又は本サービスに関連する契約に従わない場合には、その裁量により、ユーザーのIDを無効にし、本サービスの使用を停止、終了させ、本サービス内のユーザーのデータの削除及び廃棄をすることがあります。

  • (1) 支払停止又は支払不能となったとき
  • (2) 差し押さえ、仮差し押さえもしくは仮処分があったとき、又は競売の申し立てがあったとき
  • (3) 破産、会社更生手続開始又は事業の全部もしくは重要な一部を第三者に譲渡しようとしたとき
  • (4) 本規約に違反し、当該違反に関する書面又は電子メールによる通知を受領した後、弊社の定める猶予期間内に是正しないとき

第19条 利用期間及び本サービスの終了

  • 1. 本サービスの利用期間は有料プランのサービス開始日から1年間とします。ただし、利用期間が満了する日の30日前までに、弊社又はユーザーが本規約の定めるところにより利用契約を終了する意思を通知しない限り、利用契約は同一の契約条件で1年間自動更新され、その後も同様の扱いとなります。
  • 2. ユーザーは弊社所定の方法による通知を行うことにより、本サービスを中途解約することができるものとします。ただし、当該利用期間の残りの利用料をお支払いいただきます。受領した利用料は返還いたしません。
  • 3. 前2項の定めにかかわらず、弊社は、利用契約に定める契約期間内において不可抗力により本サービスの提供が不可能となった場合又は30日前までにユーザーへ通知した場合、本サービスを廃止し利用契約を中途解約できるものとします。
  • 4. 弊社は本サービスが終了した場合、弊社は本サービス上に保存されたユーザーのデータを削除することができます。また、本サービス上に保存されたデータはユーザーには返還しません。ユーザーは、本サービス上に保存したデータについては、本サービス提供期間中に、本サービスの機能内に有するデータ出力機能を用いて、ユーザーの責任で保存するものとします。

第20条 保証の否認及び免責

  • 1. ユーザーは、自己の責任において本サービスに適合した情報端末、OS、通信環境等を整備するものとし、弊社は、ユーザーがこれらに適合しない環境により本サービスを利用できなかったことにより被った損害につき、賠償する責任を負わないものとします。
  • 2. 弊社は、本サービスの継続性、通信の完全性及び確実性を含む信頼性、利用可能性、セキュリティ保護性、無エラー性、無ウィルス性、不具合修正の確約についていかなる種類の保証も行いません。
  • 3. 弊社は、弊社による本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能又は変更、ユーザーが送受信したデータの削除又は消失、本サービスの利用による登録データの消失、又は機器の故障もしくは損傷、その他本サービスの利用に関してユーザーが被った損害につき、賠償する責任を負わないものとします。
  • 4. 何らかの理由により弊社が責任を負う場合であっても、弊社は、その原因となった事象が発生した日が属する利用期間において、ユーザーが弊社に支払った対価及び支払うべき利用料の総額を超えて賠償する責任を負わないものとし、また、付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害及び逸失利益にかかる損害については、賠償する責任を負わないものとします。
  • 5. ユーザーが、本サービスの利用によって第三者に損害を与えた場合、又はユーザーと第三者との間で紛争が生じた場合は、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。なお、ユーザーが本サービスの利用に伴い第三者から損害を受けた場合も同様とします。

第21条 ユーザーによる補償

ユーザーは、ユーザーが本サービス上に保存したデータが当該第三者の知的財産権を侵害又は不正に流用していることを理由として、第三者から弊社に対して行われた請求、要求、訴訟又は法的手続(以下、「弊社に対する請求等」といいます。)から弊社を防御するものとし、弊社に対する請求等の結果として、最終的に弊社が支払うこととされた損害賠償金、弁護士費用、又はユーザーが書面で承諾した和解に基づき弊社が支払った金額を、弊社に補償するものとします。

第22条 分離可能性

本規約のいずれかの条項又はその一部が、無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第23条 準拠法及び管轄裁判所

  • 1. 本規約又は本サービスに関する一切の紛争は、訴額に応じ、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。
  • 2. 本規約又は本サービスに関連する契約に定めのない事項その他本規約の条項に関し疑義を生じた場合は、ユーザー及び弊社が協議の上、円満に解決を図るものとします。

第24条 言語

本規約は、日本語を正文とします。本規約につき、参考のために他の言語による翻訳文が作成された場合であっても、翻訳文はいかなる法的効力も有しないものとします

以上

2018年9月13日 改定